MENU

不動産投資に関する情報メディア

面白い不動産

2017.8.10

ソーシャルアパートメント宮前平に見る「生活」を含めた不動産提案

現代の「一人暮らし」は、「プライバシー面で非常に高く守られている生活」と表現出来ます。個人情報は守られ、建物の防音対策もレベルが上がり、インターホンも高性能になり、ほとんど「他人の顔」を見ずに済む生活も出来る様になりました。

プライバシーが優先される生活が実現した一方で、多くの人々が「孤独」を昔よりも恐れる様になり、人のぬくもりを欲しがる様になりました。そんな中で提案されたのが、プライバシーを守りつつ、隣人との距離を少し縮める生活形態、ソーシャルアパートメントでの生活です。

 

 

[ソーシャルアパートメント]隣人に少し近寄る生活

人間は誰しも「孤独」を嫌うものです。

 

しかしながら、現在の社会は人々を「孤独」に追い詰める風潮が非常に強くあります。ビジネス社会では「成果」と「貢献」が労働者に強く問われるようになり、「弱肉強食」も激しさを増しました。この弱肉強食は、一部の勝者には栄冠を与えたかも知れませんが、多くの人を敗者にしてしまいました。

 

そして、惜しくも敗れ去った人たちは、涙を堪えながら自分の家に帰ったものでした。鉄壁のプライバシーを約束する現在の住宅は、この疲れた戦士に肉体的な休養は与えたかも知れませんが、「励まし」や「応援」と言った、情緒的な支援は送ることが出来ませんでした。

 

そんな中で、特に若い人の間でシェアハウスの生活を選ぶ人が増えて来ました。シェアハウスは生活費が抑えられるメリットもありますが、隣人と「低い垣根」の生活をすることが出来ます。しかし、その生活は誰しもが出来る訳ではありません。

 

どんなシェアハウスかにもよりますが、垣根があまりにも低いと、一人になりたい時でも一人になることが出来ない弊害などもあります。また、会話があまり得意では無い人達にとっても、低すぎる垣根は抵抗が出て来るかも知れません。そこから分かることは「隣人との距離」が非常に重要であることです。

 

 

ソーシャルアパートメント宮前平で隣人と暮らす

出典:https://www.social-apartment.com/builds/view/photo/4

ソーシャルアパートメントでの生活は、プライベートとパブリックを調和させている生活とも言えます。

 

ソーシャルアパートメント宮前平には92の部屋があり、共有スペースも充実しています。共有スペースにはビリヤードや防音スタジオ、パーティールームやライブラリーもあります。共有スペースはデザインも最高水準で、人気カフェのプロデュースをしてきたデザイナーがラウンジをデザインしています。共有スペースでは、隣人との交流を上質の空間で楽しむことが出来ます。

 

一方、居室は遮音性の高い仕様になっていますので、プライバシーはしっかりと守られます。

 

オープンで心地よい共有スペースと、プライバシーの高く守られた居室での生活は、隣人との距離を「少し縮めた」生活としてくれることでしょう。

出典:https://www.social-apartment.com/builds/view/photo/4

ソーシャルアパートメント宮前平は、生活の空間を「HOME」「WORK」「EAT」「PLAY」「RELAX」「PARTY」の6つに分けて提案しています。

 

最初の「HOME」はプライバシーを大切にする居室を、「WORK」は勉強や仕事に集中出来るライブラリースペース、「EAT」は大型作業台を完備したシステムキッチンを、「PLAY」はビリヤード空間や防音仕様のスタジオ、「RELAX」は女性に大好評のビューティールーム、そして「PARTY」はカジュアルな空間のパーティールームを設置して、充実した生活が出来る様にしています。

 

隣人との距離を近くするには「PLAY」や「PARTY」を、静かな時間を過ごしたいならば「WORK」を、一人の時間を大切にしたいのならば「HOME」に少しだけ重心を傾け、自分と隣人を大切にした心地良い生活が出来ます。それがソーシャルアパートメント宮前平での暮らしです。

 

 

ソーシャルアパートメント宮前平について

出典:https://www.social-apartment.com/builds/view/photo/4

ソーシャルアパートメント宮前平は、神奈川県川崎市に位置しています。最寄り駅は東急田園都市線の宮前平駅から歩いて1分の距離です。宮前平駅は、首都圏の主要駅からも非常にアクセスが良くて便利です。新宿、渋谷、横浜まで、概ね30~40分で行くことが出来ます。また、これら主要駅から、更に首都圏各地に行くことが可能ですので、様々な分野の人が利用できる場所です。

 

ソーシャルアパートメントの利点の一つに、リーズナブルな賃料が挙げられます。川崎市は不動産価格的には人気の土地であるために高めの価格帯ですが、ソーシャルアパートメント宮前平はコストを抑えて賢く生活するのに適した物件です。

 

 

「不動産」の角度から見るソーシャルアパートメント宮前平

出典:https://www.social-apartment.com/builds/view/photo/4

ソーシャルアパートメントでの生活は、「隣人との程良い距離」での生活を提案してくれますが、「宮前平」の土地にあることは、別の意味での提案とも言えます。

 

例えば路線や最寄り駅を考えても、そこには付加価値が見えます。東急田園都市線は首都圏でも人気の高い路線ですし、宮前平の駅は首都圏各地へのアクセスの良い便利な場所でもあります。また、近くには多摩川が流れる環境も「立地的な付加価値」を生んでいるとも言えます。

 

また、最寄り駅や川崎市としての「街」のブランドも、付加価値となっています。

 

ところで、不動産を選ぶ時を思い出しましょう。不動産の条件は様々です。賃料や駅からの距離、間取りなどが挙げられますが、「どの街に住みたいか」は非常に貴重です。と言うのも「どの街に住むか」は、どこを自分の「場所」にするかが大きく関わって来るからです。これは人間の「感性」の部分の問題でありますが、人々の「ニーズ」に直結しますから、借りる際の決断材料としては非常に大きいです。

 

逆に貸す側としては、これらは不動産として資本を投下するのには、非常に重要な条件です。

出典:https://www.social-apartment.com/builds/view/photo/4

ソーシャルアパートメント宮前平は、立地的な「人気さ」に加え、生活形態として「隣人と少し近い」生活を提案し、そして、共用住宅にすることで「賃料を下げた」良い例と言えます。これは立地的な「ニーズ」と、生活形態における「ニーズ」と、コスト面での「ニーズ」を上手く組み合わせた例と言えるでしょう。このソーシャルアパートメントは、もしかすると、生活形態などの点が万人受けしない面があるかも知れませんが、そう言ったソフト面を含めた不動産を欲しがっている人も大勢います。非常に上手な不動産戦略の例と言えるでしょう。

 

 

 

  • Share SMIVE
  • Twitter
  • Facebook
  • Google+
  • bookmark
  • SNS

  • Twitter
  • Facebook