MENU

不動産投資に関する情報メディア

面白い不動産

2017.8.6

欧州インテリアにこだわる「セブンデイズホテル」。ちょっとしたアイデアがポイント。

四国・高知県。今この街では昔からある朝市を始め、手作りのものを販売する手作り市やアートを中心とした店舗、ギャラリーが数多くあります。ものづくりが盛んで新しい文化や人をあたたかく迎え入れる反面、高知県独自の食文化や農作物も数多く根付き、その新たな魅力に夢中になる人が数多くいます。

観光の街としても昔から見どころが多くある高知市。そんな高知市に新しいコンセプトのホテルができました。「セブンデイズホテル」です。

 

「シンプル&モダンで居心地のよい」がコンセプト

出展:https://7dayshotel.com

ここは気取らないシンプルな中に、デザイン性の高い空間を設けて、とても居心地の良いホテルになっています。ロビーやパブリックな空間には彫刻家・丸尾康弘氏の作品がさりげなく展示されており、宿泊する個室にもこだわりのインテリアが置かれています。宿泊するとまるで我が家に帰ってきたかのようなリラックスした気持ちになるホテルなのです。

出展:https://7dayshotel.com

外観はシックな建物で、ロビーの大きなガラス窓とエクステリアのグリーンがとても映える作りです。

出展:https://7dayshotel.com

ふと道路からロビーを見ると、ロビーの柱を背にまるで外を眺めるかのように丸尾氏の彫刻が置かれています。ほぼ等身大の男性か女性かもわからないその人は、このホテルに来る客人をひそかに待っているかのようです。

出展:https://7dayshotel.com

ロビーに入るとさわやかな色合いと北欧をイメージしたインテリアが置かれています。フロントの横には、また一人の人の彫刻がちょこんと座っており、ただいま」と声をかけたくなる風情で、いつでもこのホテルを訪れる人を待っています。

出展:https://7dayshotel.com

ロビーには木がふんだんに使われており、外の街路樹と相まってまるで森の中にいるかのよう。大きなダイニングテーブルと椅子は朝食にもちょっとした作業にも、もちろんくつろぎの空間にも対応します。壁面には数々の絵画がかかっており、それを見るのもここを訪れる楽しみの一つです。

 

セブンデイズホテルの客室は?

出展:https://7dayshotel.com

客室のタイプはシングル、ダブル、デラックス、そしてダブルルームを連結させたコネクティングルームの4種類があります。部屋のインテリアはシンプル&モダンをテーマにしており、真っ白な壁やドアに木製のベッドやテーブル、窓にはウッドブラインドがかけられていて、まるで自宅リビングのような雰囲気です。壁には部屋ごとに違う味わいのイラストがかけられており、リラックスした空気を演出しています。

 

シングル、ダブル、コネクティングの各部屋はユニットバスがついています。デラックスルームにはダブルベット、ソファセットと広めのバスルームがついており、車椅子の方でも安心して利用することができます。お部屋の定員はシングルが1名、ダブル以上が2名となっており、エキストラベットの用意はありません。大勢で宿泊する場合はコネクティングルームなどを利用するのが良いでしょう。

 

 

アメニティはもちろん、オリジナルパジャマも⁈

出展:https://7dayshotel.com

室内の設備はテレビ、各種アメニティ(シャンプー、コンディショナー、ボディソープ、歯ブラシ、クシなど)、タオル類、ドライヤー、スリッパ、冷蔵庫、無料Wi-fiなど、基本的なものはすべて揃っています。

 

特徴的なのはホテルオリジナルのパジャマがついており、部屋の中でリラックスして過ごすにはうってつけのかわいらしいデザインです。テーブルのランプや湯沸かしポットもデザイン性の高いものを選び、お茶やコーヒーを飲むためのカップもホテルオリジナルのロゴが入っていて、このホテルを選んでよかったと実感できるアメニティが備えられています。

 

 

貸し出し備品もある

またフロントより貸し出しの備品も、ズボンプレッサー、加湿器、電気スタンド、アイロン、携帯充電器、パジャマ3Lサイズなどとなっており、ビジネスでの利用にも困らない内容となっています。館内のフロア表示やさまざまなサインもこだわりのデザインで作られており、サインそのものも一つのオブジェのようにも見えます。

 

 

セブンデイズホテルの朝食のパンには自信が

出展:https://tabelog.com/kochi/A3901/A390101/39004786/

楽しみな朝食はロビーでいただくことができます。ホテル自慢の人気のパン屋さんから届く種類豊富な焼き立てパンと、バナナ、ゆで卵、コーヒー(アメリカン、エスプレッソ)、紅茶、牛乳、オレンジジュース、グレープフルーツジュースなど、旅先でも負担のかからない美味しい朝食が準備されています。

出展:https://travel.dmkt-sp.jp/hotel/7430A26/detail/

またホテルで使用している備品から、マグカップのセット、パジャマ、そして客室に飾られてる絵画の画集、そして館内をさわやかな香りで包んでいるアロマオイルとアロマスートンのセットを販売しており、旅の思い出に持ち帰ることもできます。

 

セブンデイズホテルの立地ですが、高知駅より車で2分、高知の有名なはりまや橋からは徒歩5分ほど。市内に出るにも大変便利な場所にあり、商店街も近く、日曜市、高知城へのアクセスも便利です。ホテルの地下には駐車場も完備しており、有料にはなりますが車も停めておくことが可能です。

 

また歩いても1分足らずの場所には同じ系列のホテル「セブンデイズホテルプラス」も建っており、同じコンセプトながら、シックでさらにモダンなホテルもあります。こちらもデザイン性が高く、見ても楽しく宿泊してもおしゃれで、違った雰囲気を楽しむことができます。

 

高知に行くたびに、宿泊するのが楽しみになる「セブンデイズホテル」とセブンデイズホテルプラス」にぜひ訪れてみてはいかがでしょうか。

 

  • Share SMIVE
  • Twitter
  • Facebook
  • Google+
  • bookmark
  • SNS

  • Twitter
  • Facebook