MENU

不動産投資に関する情報メディア

不動産投資

2018.4.17

収益アップ!高級マンションのインテリアを取り入れよう!

高級マンションはとても人気があり家賃も高く、投資対象としては高収益が期待できる物件です。投資家ならばぜひ収益物件に選びたいですね。

高級マンションのインテリアでねらう収益

不動産投資は利回りをねらいますが、もうひとつのポイントとして考えられるのは「収益額」をねらうビジネスモデルがあります。これは投資用に高額物件をねらって収益額を稼ぐ方法があり、高級マンション投資などがあげられます。

高級マンションの内装は収益につながる

高級マンション投資は、利回りが上がらない可能性もありますが、その収益額を考えると大変魅力的です。高級マンションへの投資は、億を超える金額が必要になる場合もありますが、その分収益として返ってくる金額が月に数百万円になることもあります。どこまでねらう?内装の高級マンション化でもご紹介しています。

また空室リスクを考えると、高級マンションはとても魅力的で人気もあるため、アパート投資よりも低い可能性があります。それだけ入居希望者が多く集められるからです。

高級マンションライクで収益を狙う

高級マンションは大きな収益が見込めるので魅力的ですが、中には一室が億を超える物件もあり、投資物件にするのは現実的ではありません。

そこで通常のマンションに高級マンションのエッセンスを取り入れて、収益を高くする方法があります。投資費用を少ないリフォームで行い、物件の魅力をアップさせるのです。

【関連リンク】

理想の形にリノベーションしても費用を抑えられる10のポイント

悩ましいリノベーションの費用こそしっかりと正確な数値を把握しておきましょう

高級マンションの代表・タワーマンションのインテリアは?

高級マンションの代表格にタワーマンションがあります。街のシンボルタワーともなるタワーマンションは、高級マンションのインテリアのエッセンスを知るために非常に参考になります。

タワーマンションの空間は?

タワーマンションの居室空間は、非常に魅力的な条件が整っていますが、全体の特徴としてあげられるのが明るさです。ベランダからの眺めは邪魔な建物がないので、採光の条件が非常に良いです。

タワーマンションの内装は?

タワーマンションの内装は高級マンションだけあって、良い物を使っていますが、空間全体が調和するよう設計されています。ポイントはインテリアの豪華さより、住空間の「居心地」が重要視されている点です。

調度品を豪華にすることは大切ですが、そればかりになると派手過ぎる空間となってしまい、居心地にかける場合もあります。このインテリアのバランスが大変重要です。

高級マンションのインテリアだけに注力するか?

不動産投資を一棟マンションで行う場合、そのすべてを高級マンションの様に作りかえるのは困難ですし、投資額が収益を圧迫することもあります。そこで必要なのが優先順位をつけて、コストのかかる部分を検討することです。

内装にこだわるのはインテリアかエントランスか

インテリアに特化させる場合、居室をすべて高級マンション化するのも手段のひとつです。長時間過ごすことの多い居室の居心地を上げるのはとても良い方法ですね。

またエントランスのインテリアに特化して費用をかけるのも、収益を上げるのにも有効です。どちらを選ぶかは投資費用と物件の状態にもよるので、バランスを考えて検討しましょう。エントランスで変える!物件の高級マンションライクでもご説明しています。

コスト意識を忘れない

収益をねらうのは非常に大切ですが、コストをよく考えないとせっかくの収益が圧迫されてしまいます。インテリアに力を注いで、物件の集客力を上げることも大切ですが、利益をしっかり得ることも考えて、費用対効果を検討しましょう。バリューアップさせるために必要なリノベーションの費用は実際どのくらいなのか?でもご説明しています。

【関連リンク】

不動産投資に活かす⁈芸能人が好むマンションの間取りを徹底公開

不動産のブランドマンション!ランキングで知る人気物件は?

高級マンションを参考にインテリア設計を考える

投資物件に高級マンションのインテリアを応用するには、計画が大切になります。特にイメージの具体的にまとめ、反映させるのが重要です。

間取り図を読む

投資用物件のくわしい情報は、図面や間取り図から入ることがほとんどです。間取り図は現況優先にもなるため完全な情報にはなりませんが、不明な点はピックアップして確認しておきましょう。

間取り図からイメージする

間取り図の確認と同じくらい重要なポイントが、空間をイメージすることです。間取り図だと平面的な情報がほとんどですが、立体的に物件をとらえるためには、室内の天井の高さや、開口部の大きさなど、三次元でイメージすることが必要です。普段から物件の情報を見ながら具体的にイメージできるように、トレーニングをしてみましょう。

内装のレベルの底上げ

インテリアのレベルを上げる時に気をつけたいのが、インテリア全体のバランスです。部屋全体の内装をすべて豪華にして、レベルアップできれば良いのですが、逆に部屋が派手なインテリアになりすぎて、居心地が悪くなることも考えられます。

室内を一カ所だけ豪華にするのも、その部分が目立ちすぎてしまい、落ち着かないインテリアになってしまうでしょう。全体をレベルアップするのも、部分的にレベルアップするのも、どちらにしてもバランスが非常に大切になります。気をつけてインテリアをプランニングをしましょう。

内装の素材について

インテリアを考えるポイントとして、内装の素材をどうするかが重要です。安価な素材を使った部屋ではビニールやプラスチックが多用されていますが、これを天然素材にすることによって高級感が出てきます。しかし天然素材は非常にコストが高くなるので、高級感を持たせつつ価格をおさえた類似素材も多く出ているので、上手に取り入れて利用していきましょう。

  • Share SMIVE
  • Twitter
  • Facebook
  • Google+
  • bookmark
  • SNS

  • Twitter
  • Facebook