MENU

不動産投資に関する情報メディア

不動産投資

2018.4.2

再確認しておきたい!不動産管理会社の業務内容とは?

不動産管理会社はあまり表舞台には登場しないですが、不動産投資では熟知しておきたい会社です。不動産管理会社の業務内容を知ることは収益の大きな違いにも関わります。

ぜひ、知識ベースで構いませんので、確認しておきましょう。

不動産管理会社の業務内容について知る

不動産投資とは投資用物件へ入居者に入ってもらい、家賃収入を得る形の投資です。そして、安定した家賃収入を得るためには、どうしても細やかな不動産管理の仕事が必要になります。

不動産管理の重要性と不動産管理会社の業務内容

「【不動産賃貸物件の成功は管理会社にあり】優秀な管理会社の正しい選び方」でもご説明していますが、不動産投資は物件の購入をしたからといって終わりなわけではありません。

物件購入後に発生する家賃収入が、投資の継続にとても重要です。家賃収入は自動的に生まれるわけではなく、入居者が快適に物件に住み続けることで得られるのです。だからこそ、入居者が長く快適な生活を送っていただくため不動産管理の仕事が重要となるわけです。その際、キーポイントとなるのが、あなたの不動産を管理する不動産管理会社です。不動産管理会社は投資事業のサポートだけでなく、物件の維持管理も行う重要な役割を果たしています。

そのためにも不動産管理会社の業務内容を知っておく必要があるのです。

不動産の自主管理と委託管理の役割の違いを理解しよう

不動産管理の形は大きく分けると、オーナー自身が管理する自主管理と、不動産管理会社に委託する委託管理があります。自主管理は管理を依頼する費用が必要ない代わりにオーナー自身の働きが必要です。委託管理は不動産管理会社へ支払う費用が必要ですが、オーナー自身の仕事が少なくて済みます。

ここからは、委託管理のメリットとデメリットをしっかりと確認しておきましょう。

不動産管理会社の業務内容で見るメリット

不動産管理会社の業務内容を考えるとそのメリットが理解できます。なぜなら不動産管理は建物や設備を管理するハード的な業務内容と、入居者へのサービスなどソフト的な業務内容があり、専門的な知識を必要とします。

不動産管理会社に管理業務を依頼すると費用は発生しますが、サラリーマン大家の場合や、投資用物件が増えて来た場合には、得られるメリットが大きいと言えるでしょう。

【関連リンク】 

新築アパートの特徴を知って不動産経営に生かす 

不動産投資ビジネスの代表的な空室リスクについてしっかり考えたことある?

さらにくわしく知る不動産管理会社の業務内容

不動産管理会社の業務内容を熟知しておくのは投資家として重要です。物件の管理をまかせることは、大切な資産を預けることになります。

不動産管理会社の業務内容は多岐に渡る

不動産管理会社の業務内容は、実に幅広くさまざまな内容になっています。

建物に関するハード面では、メンテナンスや補修工事、リフォーム、定期点検、事故発生時の対応などがあります。

またソフト面では入居者対応として、家賃の集金、家賃滞納者への督促、入居者からのクレーム対応、退去時の原状回復などがあります。これらの内容は「クレームは的確に伝えるべし!不動産管理のサービス不良があった時の対応」でもくわしくご説明しています。

また対外的な営業も行い、広告宣伝や内見の対応、保険に関する業務があります。その他にもリフォームの提案など、物件を長期的に継続するための業務内容も加わります。

これらの不動産管理会社の業務内容を理解し、そこにプロのレベルを求めるならば、不動産管理会社を利用するのは多くのメリットがあると考えられるでしょう。

不動産管理会社の業務内容と役割の関係

不動産投資における不動産管理会社の業務内容との役割を知るのは、投資ビジネスに関わるためにも重要となります。

不動産投資の場合は新築物件を扱うだけではありません。中古物件を選んで高い利回りを出すのも戦略の一つです。そして中古物件にはその物件に合わせた不動産管理も必要になります。

例えば建物のメンテナンスは中古物件には欠かせず、不動産管理会社の業務内容の中でも重要な仕事のひとつとなります。

また空室対策も不動産投資の重要なポイントになりますが、物件の広告や宣伝も不動産管理会社の業務内容ともなります。

新築物件には新築の管理、中古物件には中古の管理があり、不動産管理の役割が物件の状況によっても違ってきます。不動産投資ビジネスを見渡すためにも、それぞれの違いや役割をトータルで知っておくべきでしょう。

物件の営業から見る不動産管理会社の業務内容

不動産管理会社の業務内容の中には、広告宣伝、内見の立会い、リフォームの提案などがあります。これらは物件の営業としても重要な業務内容となります。

営業から見る広告宣伝の役割とは?

不動産管理会社の業務内容に広告宣伝がありますが、宣伝の手段によって契約の件数も変わってきます。例えばインターネットの広告では、写真の掲載枚数や内見レポートなど、効率的に情報を発信することができ、より多くの人に物件を知ってもらうことが出来ます。

営業の物件内見の立会いも重要な役割です

不動産管理会社の業務内容には、物件の内見立会いも必ず発生する大切な業務です。

内見での営業によっては契約が成功するかがかかっています。また入居希望者の細かなニーズや、潜在的な希望内容も聞き出すことができます。

内見の立会いは営業における最前線で、その印象によって契約の成功にも関わってきます。

リフォームなどの提案も営業の役割のひとつ

リフォームなどの投資家に対する提案も、不動産管理会社の業務内容の内で、重要な位置をしめます。リフォームの状態によっては物件の収益性も大きく変わり、投資の利回りにも影響が出ます。

さらに収益を生み出す魅力的な物件へと進化させられるかは、不動産管理会社の営業力を感じられるポイントでしょう。

【関連リンク】

【不動産投資の落とし穴】サブリース会社の営業マンがゴリゴリに営業をする本質とは。

【不動産投資における問題点】サブリースで失敗をしてしまう例 

不動産管理会社の業務内容は営業の重要性で変わる

不動産管理会社の業務内容を考える時、物件のメンテナンスや入居者管理などに目が行きがちですが、実は対外的な営業力も重要なポイントです。

例えば営業力の差によって空室のリスクの度合いなども違ってきます。不動産管理会社の営業力は収益にも大きく影響してくるので、ぜひ慎重に選んでいきたいですね。

  • Share SMIVE
  • Twitter
  • Facebook
  • Google+
  • bookmark
  • SNS

  • Twitter
  • Facebook