MENU

不動産投資に関する情報メディア

不動産投資

2018.3.20

復習!不動産投資の購入手順と確認事項

不動産投資には投資用物件が不可欠ですが、購入の手順について熟知しておかないと、ビジネスの推進が滞ることも有り得ます。しっかりと把握しておきましょう。

尚、事業を進めるに当たって、不動産投資ローンを利用する場合などは、契約の各段階に確認事項を決めておくと、購入手順に戸惑わずに済みます。

不動産投資の物件購入にあたって

不動産投資に欠かせない投資用物件ですが、重要性について、改めておさらいをしておきましょう。

不動産投資における物件の「魅力」の重要性

不動産投資の物件は魅力が乏しいと、入居者を呼び込むのに不利になります。物件如何によっては、収益性が違って来て、利回りにも影響しますので、魅力的な物件を入手したいものです。

購入手順をあらかじめ確認しておく

不動産投資の物件の購入のタイミングは、例えば引越しのシーズンなどに合わせることが出来ればベターです。その時期に合わせるためには購入手順を熟知し、タイミングを逃さないことが大切です。

手順と確認事項を把握しておかないと・・・

投資用物件の購入手順を把握しておかないと、物件の投入のタイミングにズレが発生するなどして、空室が発生しやすくなるなど、不動産投資上の悪要因の発生に繋がります。タイミングよく物件を投入するためにも、購入手順の把握は非常に大切になるのです。

【関連リンク】

これこそが命綱!不動産投資と家賃収入の関係を知る

”利回りと物件”について熟知し、不動産投資で失敗を防ぐ

投資用物件の購入の流れ

ここで、物件購入の手順について、おさらいしたいと思います。

物件探し

購入の最初の段階が物件探しとなりますが、大切になるのが、収益性の高い物件を選ぶことです。利便性の高い土地で、生活が快適に出来る物件が理想的ですが、ローンとの兼ね合いも有りますので、気をつけて選びましょう。

申込み

購入する物件を決めたら、次の手順が申し込みとなります。購入は基本的に早い者勝ちになりますので、良い物件を見つけたら早急に申込みましょう。

融資の審査

不動産投資は物件価格が高額になることから、不動産投資ローンを利用する場合が多いです。但し、ここでの難所は金融機関の審査が有ります。事業企画なども聞かれる場合もありますので、事業を行う上での確認事項を纏めておくと良いでしょう。

売買契約

売買契約を取り交わします。この時、物件の重要事項説明などを受けますので、詳細まで確認をしましょう。

管理会社の選定

不動産投資において、物件の管理は家賃収入を得る上で、非常に重要になります。そして、物件管理の最前線に立つのが不動産管理会社になります。

不動産の管理手段としては、自己管理やサブリースなども挙げられますが、トラブルが少なく、かつ質の高い管理をするには、ノウハウのしっかりした不動産管理会社に委託するのが良いとも思われます。

ローン契約

金融機関と不動産投資ローンの契約を結びます。不動産投資ローンは住宅ローンと違う性質がありますので、契約内容などをしっかりと確認しましょう。

尚、ローンの利子などは税金にも関わって来る部分です。この部分も、あらかじめ確認事項に入れておけば、事業計画の精度も上がります。

決済・物件引渡し

次の段階が決済と引渡しになります。

引渡しの際には、物件の仕様がしっかりと出来ているかも有りますが、設備などの確認も重要になって来ます。物件の仕様は設備の仕様は、入居者の生活にダイレクトに関係して来ますし、家賃の査定にも大きく関係して来ます。しっかりと確認をしましょう。

【関連リンク】

初心者必見!不動産投資ビジネスの流れを復習しておこう

売却時期に注意!不動産投資の出口戦略の道筋をしっかり作っておくべきワケ

特に注意すべき確認事項

不動産投資は物件購入においても、様々な手順を踏むため、確認事項をあらかじめ纏めておくと購入において便利です。

流れをスムーズにするために

不動産投資の流れをスムーズにするならば、それだけ早く家賃が入るメリットが有ります。家賃の端数が日割りなことを考えれば、無視の出来ない部分です。そのためには、各段階の確認事項をしっかりと把握することが大切です。

契約の内容把握

不動産投資において、契約内の条項を確認事項に入れておくことは非常に重要です。あらかじめ購入手順を計画する時に、確認事項の中に入れておけば、購入の際に漏れる危険性が少なくなります。

税金に気をつける

不動産投資は「税金との戦い」とも言われますが、購入に当たっても、様々な税金が発生します。ですから、税金を確認事項に入れておくことは、資金管理の上でも非常に重要です。また、できれば税額までも計算して、確認事項内に記載しておければベターです。

事業計画について

不動産投資ローンの中には、不動産投資事業をどの様に進めるのかを聞いて来る金融機関も有ります。ですから、物件の購入の計画や手順などの計画を用意しておきましょう。そして、金融機関の担当者に質問された際にも戸惑うこと無く、的確に答えられる様にしておきましょう。

不動産投資はビジネスです。関係するビジネスパートナーとはクリアな関係でいたい物です。その為にも確認事項などをはっきりとしておくことは大切です。

  • Share SMIVE
  • Twitter
  • Facebook
  • Google+
  • bookmark
  • SNS

  • Twitter
  • Facebook