MENU

不動産投資に関する情報メディア

不動産投資

2018.3.20

初心者必見!不動産投資ビジネスの流れを復習しておこう

ビジネス全般に言えることですが、事業の詳細を知ることは非常に大切です。不動産投資も同様で、何に投資をするか、何から利益を得るかについての理解は、非常に大切になります。

不動産投資ビジネスの流れはまずここで確認

不動産投資ビジネスは、貯蓄と違って「預ければ利息が付く」と言った性格の物では無く、不動産経営者としてのビジネスになります。物件を買い、入居者を募るなど、一連の流れを知ることが必要になりますので、流れをしっかりと理解し、綿密に計画を立てましょう。

投資用不動産の購入

不動産投資は投資用不動産に入居者を募り、家賃収入を得ることがビジネスの基本となります。ですから、投資用物件を購入することは、必要不可欠となります。

投資用物件は多岐に及びますが、例えばサラリーマン大家の場合などは、住居用の不動産がポピュラーになっています。そして、メインとしてはアパートやマンションなどが利用されています。

また、投資用不動産は非常に高額になりますので、不動産投資ローンが利用されることが多いです。

入居者の募集する

投資用物件に入居者を募ります。入居者からの安定した家賃収入が重要になりますので、入居者の審査は厳重にしなければなりません。また、賃貸借契約も締結しますので、契約に関する理解や、借地借家法などに関する知識も必要になって来ます。特に契約に関しては、「一度締結をしたら簡単に破れない」ことを覚えておくことが重要です。

家賃収入を得る

入居者に家賃を支払ってもらいます。ただし、家賃に関しても「物件に対して適正」であることが前提です。逆に言えば、物件の魅力を保つことが家賃を落とさない上でのキーポイントになりますので、投資家としては、物件のメンテナンスに気を配り、ニーズなどについても情報収集を欠かさないことが重要です。

原状回復

入居者が退去する場合は、入居者には原状回復の義務が発生します。ただし、「どこまでが入居者の負担か?」を知っておくことが、投資家としてはビジネスを進める上で非常に重要になります。原状回復に関してはガイドラインもありますので、その知識も必要になります。

物件売却や資産形成

不動産投資のビジネスには物件を売却して利益を確保する方向と、物件を資産として活用する方向があると言えます。どちらも「経営」ではありますが、売却に関しては売り時のタイミングを読む眼力が必要になったり、資産形成に関しては、税金や関連法規などの知識が必要になります。

【関連リンク】

知らなかったじゃ済まされない!不動産投資で多い脱税のケースとは

不動産投資の電話勧誘でカモられないために押さえておくべき点とは

投資家がハマりやすい「罠」とは?

不動産投資においても「罠」があるので、投資家としては、罠がどの様な物であるかについて、押さえておく必要があります。ビジネス上のリスクマネジメントは不動産投資においても重要な位置を占めます。大きな損失を被らないためにも、罠に関する知識も重要になります。

税金対策、生命保険代わり等々の不動産投資トークに気をつける

不動産投資の「罠」には様々な物があります。「税金対策になる」「生命保険代わりになる」などのメリットを説く不動産投資の営業マンがいますが、彼らは本業の不動産投資ビジネスの内容の説明以上に、税金や保険の話をして来ます。これらは不動産投資の「副産物」ではあるかも知れませんが、「本当の利益」の部分ではありません。本業の部分をなおざりにして、副産物をことさらに強調するのは罠と捉えるべきでしょう。

上手い話には裏があることを覚えておく

不動産投資の営業手段は様々で、中には詐欺商法まがいの物まであります。

利回りなどに関しても、実際よりも高い利回りで説明してくる場合や、デート商法の様な悪質な物まであります。いずれの物についても「上手すぎる話」である場合が多いです。

詐欺まがいの商法の被害を避ける上でも、リスク管理は大切になります。上手い話には裏がある物です。情報を鵜呑みにせずに、十分に精査した上で活用をしましょう。

【関連リンク】

不動産業界でがんばる酒豪ガールとの合コン!

不動産業界で働く人の年収はどれくらい?ランキングでご紹介します!

罠にハマらないために

罠にハマらないためには、「強くなること」よりも「賢くなること」の方が大切な場合が多いです。弱点は補強もですが、カバーすることも考える様にしたいものです。

ビジネスパートナーとの相談を忘れずに

不動産投資においてのビジネスパートナーは、銀行などの金融機関、不動産仲介会社、不動産管理会社などがありますが、それぞれに「持ち場」と「強み」がありますので、上手に利用してビジネスを進めたいものです。そして、取引においては相互の関係を良好にしておくのが、最も利益を得るのに有利になりますので、常にウィン・ウィンの関係で取引をすることを心がけましょう。

先輩投資家の情報を利用

不動産投資にはセミナーがあり、ネット上には先輩投資家からの情報があるので、有効に活用したい物です。ただし、ビジネスは自己責任であることをしっかりと認識し、情報を精査して活用しましょう。尚、不動産投資には会計や法規的な知識も必要になります。勉強を億劫がらずにすることが重要になります。

  • Share SMIVE
  • Twitter
  • Facebook
  • Google+
  • bookmark
  • SNS

  • Twitter
  • Facebook