MENU

不動産投資に関する情報メディア

不動産投資

2018.2.17

美女も納得!賃借不動産の申込みの流れ

不動産投資は投資用物件を貸して収入を得るビジネスですが、実際の手続きの流れを知らないと、事業の把握にも支障が出る場合があります。入居希望者の申込みも然りであって、知っているのと知らないのでは、事業効率も変わります。ですから、是非とも押えておきたいです。

賃貸不動産の申込みを知っておく重要性

不動産投資はあくまでも大家が主体的に動くべきであって、不動産屋任せにするべきではありません。ですから、申込みから賃貸借契約に至るまでの一連の流れを知っておくべきです。

賃貸借契約を結ぶのは入居希望者と大家

賃借不動産などにおいて、表舞台に立つのは不動産仲介業者や不動産管理会社になりますが、契約はあくまでも大家と入居者となります。契約の主体になるので、大家は物件を貸す時の流れも知っておく必要が出ます。スムーズな契約締結のためにも、手順を覚えておくべきです。

スムーズに進めるためには順序を心得ることが大切

投資用不動産は可能な限り効率良く入居者を入れ、家賃を支払ってもらうための物です。ですから、契約などは遅延無く進めたいものです。

【関連リンク】

頭金ゼロは危ない!マンションを購入する際に気をつけるべきこと

失敗してからでは遅い!マンション経営の注意点とは?

賃貸不動産の申込みの流れ

ここでは賃貸不動産の申込みの手順を順番を追っておさらいしたいと思います。

物件見学と確認など

入居希望者にとって、物件見学や確認は、その後の生活にダイレクトに影響しますので、非常に重要な位置を占めます。仕様などについて「知らなかった」と言うことが無いように、入居希望者にもきちんと確認してもらいましょう。

入居申込書の作成

入居申込み書の作成をします。申込書の記載内容は、一般的には入居希望者の住所、氏名、連絡先、勤務先、年収、勤続年数などを記入します。また、連帯保証人を立ててもらう際には、連帯保証人の住所、氏名、連絡先、勤務先などを記載してもらいます。連帯保証人に関しては、事前に承諾してもらう様にしましょう。

尚、場合によっては申込みの際に「申込金」を預かることも有ります。その時は預かり証を発行することになります。

入居審査

入居審査では主に、勤務先や勤続年数などから家賃が遅延無く支払われるか、また、物件をきれいに利用してくれるかを総合的に判断します。ここで重要なのが、年収もですが、勤続年数もチェックが欠かせません。安定的な支払いを考えるならば、勤続年数が重要になるからです。

契約条件の作成

入居審査が終わった段階で、契約内容について調整することとなります。ここで、契約に必要な費用、書類などを確認します。尚、契約に関しては、入居審査後1週間~10日程度で契約に漕ぎ着ける形となります。

【関連リンク】

ワンルームマンション経営で押さえておくべき注意点を理解していないオーナーが実は大変多いです。

ワンルームマンション投資で詐欺にあわない為に”絶対”にやっておくべきこと

申込みについて注意すべきこと

申込みについて注意すべき点は、入居者や連帯保証人の身元などをしっかりと確認し、家賃滞納リスクなどから回避する意味を持っています。必要書類や連帯保証人などの確認に注意が必要です。

必要書類

賃借契約において、一般的に必要とされる書類は、入居希望者の住民票、連帯保証人の住民票や印鑑証明になります。また、収入の証明(源泉徴収票)や、連帯保証人の承諾書などもあった方が良いでしょう。尚、住民票に関しては、契約する物件によって、契約者の情報の物か、入居者全員にするかが変わります。単身用の物件、ファミリー用の物件で変えている例が多いです。

マイナンバー記載の住民票について

住民票で気をつけたいのが、マイナンバー記載の住民票です。マイナンバーは個人情報がリンクしている事情から、マイナンバー記載の住民票は受け取るべきではありません。ですから、マイナンバーが記載されていない住民票の写しを取る必要が出て来ます。

家賃保証会社やクレジットカードを使った契約

入居希望者によっては、連帯保証人を立てることが出来ない人も居ます。こう言った人のために、保証をしてくれる家賃保証会社もあります。また、クレジットカード会社も、入居者とのカード契約を条件にして保証をしてくれるところもありますので、空室リスクを避ける上では、その様な業者の起用も考えられます。

申込みはキャンセルできるものか?

賃借不動産の場合、申込みのキャンセルも有り得ない訳ではありません。急な転勤などは付き物ですので、その様な場合に関しても知っておきましょう。

法的には契約前ならばキャンセルが出来る

不動産の賃貸借契約は、基本的に契約書に捺印しない限り、申込みのキャンセルは可能となります。ただ、入居希望者に申込みをキャンセルされると、様々な方面に迷惑を掛けることになります。

特に問題になるのが不動産屋の評価が落ちる懸念があることです。不動産屋の協力と物件の紹介によって、空室リスクの回避が決まります。ですから、不動産屋に気持ち良く仕事をして貰い、相互の協力関係を築きたいものです。

申込みをキャンセルさせないために

入居希望者の急な転勤など、仕方の無い理由を除くならば、「入居をする気が無くなった」とか、「別に良い物件を見つけた」などが、キャンセルの理由と考えられます。ですから、キャンセル防止策としては、申込み時に「他の物件より秀でた」部分の魅力をアピールが出来れば有効となります。

例えばリフォームを掛けて設備が新しくなった物件は、それだけ魅力的ですので、内覧後のキャンセルの可能性は低くなるでしょう。

  • Share SMIVE
  • Twitter
  • Facebook
  • Google+
  • bookmark
  • SNS

  • Twitter
  • Facebook