MENU

不動産投資に関する情報メディア

不動産投資

2018.1.19

自分で住むために収益物件を購入するのってどうなの?

自宅を探していると自宅用の物件以外にも、収益物件として売りに出されている物件が気になるケースもあります。

特に、マンションであれば収益物件は立地が良い場合も多いので、収益物件として売りに出されている物件に住みたいと思われる方もいるでしょう。

しかし、収益物件として売りにされている物件に自分が住むということはできるのでしょうか。

収益物件であればオーナーチェンジの物件も多く、その場合はすでに入居者がいます。

そういった場合はやはり退去するのを待つしかないのでしょうか。

今回は収益物件に住むにはどうすれば良いかについてお話ししたいと思います。

収益物件に住むことは可能か

自宅を探していると自宅用の物件だけでなく、収益物件というカテゴリーを目にすることがあると思います。

収益物件の方が立地が良いので出来ればそこに住みたい、自宅用として売り出されている物件よりも収益物件の方が安く売りに出されている、それなら収益物件を購入する方が得なのでそこに住みたいと思う方もいると思います。

では、収益物件とはどんな物件のことを言うのでしょうか。

収益物件に住むことは実際には可能なのでしょうか。

収益物件とは

収益物件とは簡単に言うと、投資用の物件。

賃貸することによって家賃収入を得ることで収益を上げることを目的に投資家が購入します。

基本的に収益物件の価格は物件の利回りを元に決められ、投資家が収益を上げようとすると物件を安く仕入れたいので自宅用よりも価格は安くなる傾向にあります。

また、収益物件は、収益を得るために賃貸契約をしており、オーナーチェンジといって基本的には入居者の賃貸条件をそのまま引き継ぐことになります。

そのため、収益物件は入居者が住んでいる状態のものが多く、居住用として住むには入居者が退去しないといけないことになります。

入居者がいる場合でも収益物件に住むことは出来るのでしょうか。

こちらも合わせて読んでおきましょう。

【上位10%の成功者になる】投資物件ワンルームマンションで成功させるために知っておくべきコト

【2018年版】プロが教える!不動産投資で差をつけるための全手法

1 2
  • Share SMIVE
  • Twitter
  • Facebook
  • Google+
  • bookmark
  • SNS

  • Twitter
  • Facebook