MENU

不動産投資に関する情報メディア

不動産投資

2018.1.19

立地選びで失敗しなければ不動産投資は着実に儲かる

不動産投資は、投資の中でもミドルリスクミドルリターンの投資と言われています。

それは、不動産投資が短期間の収益を目的とした投資ではなく、長期的に安定した収益を得ることで資産を形成していくので着実に儲かるからです。

不動産投資にも、住居系(レジダンズ)、事務所・テナント系、宿泊系など色々とありますが、中でも比較的賃貸需要の安定しているので住居系が初心者にはおすすめです。

しかし、他の投資と比べるとリスクが低いと言われる不動産投資ですが、立地選びを間違えると失敗する確率は一気に高まります。

今回は、不動産投資で儲かるために立地選びの重要性についてお話したいと思います。

不動産投資ってどんな投資なの?

では、不動産投資とはどんな投資なのでしょうか。

不動産投資には、住居やテナントビルといった不動産を購入し、部屋や事務所、店舗などを賃貸することで賃料を得て収益を上げる=インカムゲインを得る投資と購入した不動産を売却して売却益を得る=キャピタルゲインがあります。

キャピタルゲインを得るためには、物件の選定が難しいので不動産業者などプロでないと中々利益を上げることはできません。

そのため、長期的に安定した収益を得る=インカムゲインを目指した投資をしていく必要があります。

【関連リンク】

不動産投資の失敗例と成功例。成功のポイントは不動産会社にあり。

【不動産賃貸物件の成功は管理会社にあり】優秀な管理会社の正しい選び方

不動産投資は長期的に安定した収益を得ることが出来る投資

不動産投資で失敗する人の多くは、短期間で利益を上げたいので売却益を得る=キャピタルゲインを目指した投資をするケース。

キャピタルゲインを狙った投資では、初心者には不動産の値上がりを予想することは難しく儲かるよりも損をする可能性の方が高いからです。

そのため、初心者の場合は、賃料収入を得ることで長期的に安定した収益を上げることで資産形成をしていく=インカムゲインを狙う投資が着実に儲かる方法なのです。

購入した不動産が安定して長期的に利益を上げることが出来れば、タイミング次第では売却益を得ることが可能です。

不動産投資にはどんな種類があるの?

単純に不動産投資と言っても色々な種類があります。

主なものには、

  • ワンルームや戸建てなどの住居系(レジダンズ)
  • オフィスビルや商業テナントビルといった事務所、テナント系
  • ホテルや旅館、民泊といった宿泊系

といったものがあります。

その中でも賃貸需要も多く、賃料の変動も小さい住居系が初心者にはおすすめです。

事務所、テナント系は、住居系よりも賃料が高く取れるので高収益が見込めますが、退去した時の募集が難しく、空室が長期化する恐れがあります。

ホテルや旅館は運営が難しく、最近流行りの民泊は、法整備が行われて業者の参入が多く、個人で収益を上げることが難しくなっています。

そのため、副業などでする場合の不動産投資と言えば、住居系を指すことが多いですね。

【関連リンク】

なぜ不動産投資用マンションを購入した後に、後悔してしまうのか?体験談からそのポイントを書いてみる。

アパート経営を始める前に知っておきたい初期費用

不動産投資で成功するにはエリア・立地を重視

不動産投資で成功するにはいくつかの要素がありますが、一番重要なのはやはりエリアと立地。

賃貸需要が多いエリアで駅徒歩10分圏内の好立地に物件を購入することが出来れば、不動産投資で大きく失敗することはありません。

不動産投資をするのにおすすめのエリアはやはり首都圏。

地方に比べて、賃貸需要があり、賃料も高く取れるので大きく値崩れすることがなく、場所によっては物件価格の値上がりも期待できます。

又、立地についてもこれまでの常識とは少し変わってきており、トレンドを押さえる必要があります。

不動産投資を行うならやっぱり首都圏

東京オリンピックやアベノミクスで首都圏の物件価格は上がっていますが、投資家に人気なのは首都圏、特に東京23区、横浜、川崎エリアです。

東京23区では、更に山手線の沿線、内側エリアの人気が高く、最近では物件価格が上がり、利回りが下がっているので中々手が出しにくいと言われていますので、お手ごろな価格でこのエリアの物件が買えればまず失敗することはないでしょう。

横浜では、京浜東北沿線を含めたJR沿線、川崎市は、横浜同様にJR沿線、東急東横線エリアが人気です。首都圏以外では、大阪、京都、名古屋といった大都市圏など、今後人口の減少が少ないエリアが人気です。

地方都市は利回りが高いという魅力がありますが、同じ投資をするなら人口減少が気になる地方都市よりも、将来性が期待できる首都圏で投資をする方がリスクを抑えることが出来ます。

単身物件は駅徒歩7分以内を狙う

単身者はどちらかというと生活のしやすやよりも利便性を取る傾向にあります。これまでは好立地と言えば駅徒歩10分圏内と言われていましたが、最近では駅徒歩7分圏内で探す人が増えています。

駅の大きさや利用者の多い駅であれば、駅徒歩10分圏内でも勝負できるかもしれませんが、賃貸物件が増えている現在では駅徒歩7分圏内を意識して物件を選ぶ必要があります。

ファミリー物件は立地+生活環境、最近の傾向は?

逆にファミリー物件では、家族の生活もあるので学校区や周辺の施設、病院の有無、物件に駐車場があるかどうかといった点を重視します。

家族の人数が多ければ、駅から遠くても広めの部屋に住みたいと考える人もいるでしょう。人気の学校区であれば駅徒歩15分、バスで10分といった立地でも十分運営は成り立ちます。

しかし、最近では車に乗らない若者が増えており、結婚しても車を持たず、駅から近く利便性の良い物件を選ぶ人も増えています。

ファミリー物件の場合も今後は立地を重視する方が良いかもしれませんね。

エリア・立地選びで不動産投資の成否は決まる

不動産投資で着実に儲かる方法は、エリア・立地選びを間違えないことです。

地方物件の場合は利回りが良い物件が多いですが、利回りに目がくらんで購入しまったばかりに、空室が長期化したり、賃料が大きく下落するといったリスクがあります。

その点首都圏や大都市エリアは、物件価格が高く利回りは低いですが、その分賃貸需要が多く、賃料も高く取れるので収益が安定します。

立地については、単身の場合は駅徒歩7分圏内、ファミリーであれば立地に加えて生活環境もチェックする必要があります。

不動産投資は、エリア・立地選びで成否が決まると言っても過言ではありませんので、物件を選ぶ際は、エリア・立地をきちんと考慮した上で投資してください。

  • Share SMIVE
  • Twitter
  • Facebook
  • Google+
  • bookmark
  • SNS

  • Twitter
  • Facebook