MENU

不動産投資に関する情報メディア

不動産投資

2018.1.19

防衛!不動産投資の営業マンから身を守るために押さえておくべき点

「敵を知り、己を知らば、百戦危うからず」とは有名な中国の故事ですが、これは不動産投資においても同じことが言えます。自分の知識や判断力を客観的に見つめ、そしてターゲットとすべきビジネスを注意深く検討することは、安定したビジネスと、着実な事業拡張には欠かせない要因と言えます。

ところで、不動産投資を考えるに当たって、「入口をどこにするか」を考えることは非常に重要になります。そして、入り口を間違えると大きな落とし穴にハマることも少なくないので、よくよく確認した上で、ビジネスをスタートするべきです。

不動産投資の営業の手法について

サロンモデル:平 若菜さん

さて、ここで不動産投資会社の営業について考えましょう。と言うのも、投資家にとって可能な限りの健全なスタートを切ることを考えれば、「落とし穴を避ける」ことが有効だからです。不動産投資会社の営業は、メインとしては訪問営業や電話営業によるものですが、その手口もいくつかの手法があるので、事前に知っておけ引っ掛からずに済むことでしょう。

そこで、実際の特徴を挙げてみると、次のパターンがメインとなります。

強引に勧誘をかけてくる不動産投資の営業マン

営業の勧誘が非常に強引なことが特徴です。「興味がありません。」と答えると、「なぜ興味が無いのですか?」や「やってみない内に何故そう言えるのですか?」などと返してきて、断る余地を減らして追い詰めて来ます。そして、早期の契約を勧めて来て、契約の後はクーリングオフの妨害までして来ます。

【関連リンク】

不動産営業マンが語る不動産投資における失敗例をご紹介

【高利回りを確保】失敗しない不動産投資のポイント

【控除額65万円以上】サラリーマン大家だからの確認しておきたい確定申告の全て。

節税のメリットを強調した不動産投資の勧誘

不動産投資が節税に対してメリットになるのは確かなのですが、それを目的にして、更には強調してセールスを掛けて来る営業マンは非常に危険です。不動産投資は確かに相続税の節税になり、現金で資産を持つよりも有利にはなりますが、不動産投資はあくまでビジネスであり、節税を強調するのは、ビジネスの「経営」の面を無視したセールスでもあるため、危険な場合が多いです。

デート商法を利用した不動産投資の営業手法

不動産投資の営業手法として悪質な例の一つに「デート商法」が挙げられます。これは異性への特別な感情を利用して契約をする営業手法なのですが、年々手口が巧妙になっています。例えば婚活パーティーやSNSなどで知り合った異性を経由して、不動産投資用の物件を買わされた・・・と言ったパターンです。この営業手法の厄介な点としては、「感情の部分」を悪用している商法なので、適切な対応が遅れてしまうことが多いです。

不動産投資の営業の電話

サロンモデル:平 若菜さん

例えばサラリーマンの仕事中に、突然電話が掛かって来ることがあります。聞いてみると、不動産投資の営業の電話で「投資用マンションを買いませんか?利回りが高く狙えるために、資産形成に有利です」・・・と言うことが少なくありません。また、一般の家庭に電話が掛かって来るマンション投資の営業も電話も多いです。

不気味なのが、相手がこちらの名前まで知っていることも多く、「どこで調べたのか?」と思うことも多いと思います。これらは名簿業者の販売している名簿から個人情報を抜き取って来ることも有りますので、非常に対応が厄介です。

ですから、これらは然るべき態度をもって対応しなければならないでしょう。

実際の対抗手段としては、「宅建法違反(断る旨を伝えているにも関わらず勧誘を続ける場合など)を告げる」ことや、「警察や国民生活センターに通報する」こともあります。泣き寝入りする前の「防衛措置」は非常に大切です。勇気を持って対抗しましょう。

不動産投資の勧誘例・・・サブリース会社の営業マンの例

サロンモデル:平 若菜さん

アパート投資を勧めて来る不動産投資営業の代表格に、サブリース会社の訪問営業があります。サブリース契約は、投資用物件を一括で借り上げる契約になるのですが、特に土地を持っていて不動産投資には明るく無い人が狙われるケースが多いです。

そして、サブリースの場合、法外な違約金の発生や家賃減額など、法的な隙をくぐって発生するトラブルも多いので、引っ掛かると非常にマズいことになります。

サブリース会社の営業マンの特徴としては「良い人」として見られることが非常に多いです。例えばお年寄りの世帯などに営業をかけるセールスマンは、契約を隠して好人物を演じます。そして、その不動産投資の営業マンは、ある日アパート投資などの案件を提案して来て、お年寄りは契約の内容を知らない内に、ハンコを押している・・・と言ったパターンが非常に多いです。

そして、不動産投資の知識が無い内にオーナーにされた人は、経営もままならぬ内にビジネスが破綻して、ローンだけが残ってしまう様なシナリオが見られます。この例は法律で守ることが今のところは難しいので、非常に厄介で、気を付けなければならない営業手法と言えます。

【関連リンク】

【不動産投資の落とし穴】サブリース解約に絡む違約金の罠とは

【不動産投資の落とし穴】サブリース会社の営業マンがゴリゴリに営業をする本質とは。

不動産投資を始める際に準備すべきこと

サロンモデル:平 若菜さん

かと言って、不動産投資の営業マン全部が悪質な訳ではありません。ただ、不動産投資ビジネスを始めるにあたっては、それなりの「準備」が必要にもなります。少しその準備を挙げてみましょう。

不動産投資に関する書籍からの情報収集

物を調べる時は、ネットなどから非常に広い情報を収集出来ますが、その調査が順序立ててされるとは限りません。順序立てての調査には書籍を使うことが有効です。書籍の良い点としては、情報を体系的に収集できる点があります。ネットだと、どうしても情報収集が「つまみ食い」の様になってしまう傾向があるため、特に初心者の手軽な手段としては、書籍の利用は良い手段です。

【関連リンク】

【2018年版】プロが教える!不動産投資で差をつけるための全手法

不動産投資セミナーの受講

不動産投資のセミナーは「分かりやすく説明してくれる」点で、非常に有効な手段と言えます。不動産投資には、専門用語なども多く出て来ますので、セミナーの場合であれば、そう言った用語の解説などまで出来るので、知識のレベルアップには、非常に有効となります。

  • Share SMIVE
  • Twitter
  • Facebook
  • Google+
  • bookmark
  • SNS

  • Twitter
  • Facebook