MENU

不動産投資に関する情報メディア

不動産投資

2017.12.24

不動産の女性営業マンが急増中!いったい何が起こったのか?

最近の不動産業界では、女性の不動産営業マンが急増しています。不動産営業マンといえば男性のイメージが強いと思いますが、テレビのバラエティ番組で不動産を扱う番組にも、女性営業マンが登場するようになり、どうやら大きな変化が起きているようです。不動産営業マンの女性が増えている理由についてご紹介します。

不動産に取り組む女性が増えています

女性が興味を持つ不動産業界はインテリアや家具、住宅の内装にまつわるものや間取りについてが多く、住宅や不動産そのものに興味を示す方はあまり多くはありませんでした。しかし最近では不動産物件そのものに興味を持ち、自分でも不動産投資物件を運用したり、職業として不動産営業マンを選ぶ方が増えてきています。

不動産営業といえば高額な物件を取り扱うこともあり、ややうさんくさい印象も与えがちです。しかしその不動産を扱うのに必要な「宅地建物取引士」通称宅建士の資格を取得している割合は、実は女性の方が高いのです。宅建士の資格を持ち、さらにファイナンシャルプランナーなどの資格も取得している女性も多数いるそうです。不動産業界は女性がどんどん進出してきている業界の一つでもあります。

【関連リンク】

不動産投資を成功させるために押さえておくべき不動産会社まとめ

不動産コンサルタントが経験した不動産投資で成功する10%の投資家とは

女性の不動産営業マンのメリット

女性営業マンのメリットは、なんと言っても女性ならではの視点を持っていることでしょう。男性と違う視点で不動産物件を見ることができ、台所などの水回りは女性が使いやすいように設計されており、気がつく点も多くなるでしょう。

女性らしく細やかな気づかいができることもメリットです。特に物件の契約や売却時のお金の計算や必要な書類など、ついうっかりしがちな細かい箇所も抜けてしまうことがないそうです。

不動産投資の物件を探している女性の場合、営業マンが同じ女性だと非常にありがたいですね。初めての不動産投資を検討している時に、ご自身の考えをまとめるのはなかなかむずかしいでしょう。実際に内見をしても思うような物件ではなかったり、自分の希望を伝えにくい場合も出てきます。

自分の意思をうまく伝えられず、希望とは違う物件を購入するのはなんとも残念な話です。こんな時に営業担当が女性営業マンであれば言いやすい一面もありますし、女性同士であれば意見も一致しやすく、購入したあとのおつきあいや管理など、任せられます。

不動産に女性が興味をしめす理由 

不動産投資に興味を示す女性も急増しています。実際に女性の大家さんも増えてきており、運用する物件も独特の視点で管理や運用をされています。

もちろん女性の大家さんでも、男性とまったく同じ視点で不動産投資を運用する方もいらっしゃいますし、何棟ものマンションを手堅く運用している方も多くいます。その反面、女性ならではの気配りや経営理念を持つアパートや一戸建てを運用し、安定した入居率を保っている方も多くいるのです。

女性の大家さんの場合は、不動産投資というお金を増やすことよりも、不動産を自分の持ち物として、好みの物件に育てている方が多いようです。たとえば不動産投資物件のリフォームの際、入居者を女性のみに限定し壁紙や内装などを女性が好む柄に取り替えて、同じ好みの女性が入居しやすいようにしています。

水回りの設備も女性だったらこれがあると嬉しい、という視点で新しく導入し、その結果家賃が少し割高になっても、安定した入居が続くというケースもあります。

このように戦略として不動産投資の計画を組むというよりも、ご自分の好みを優先した運用の結果、それが物件の特徴となり入居者に好評を得る、というのも女性ならではの特権かもしれません。またこのような好みを持つ女性が、不動産の営業マンとして職業につく可能性も非常に高いでしょう。

【関連リンク】

サラリーマン大家の成功と失敗!不動産投資にはサラリーマンが向いている?

環境で差をつける。池袋にあるシェアオフィス4選

これからも不動産の女性営業マンに注目です!

最近のバラエティ番組によく登場する「美人エステート(bijin estate)」という不動産会社があります。代表取締役である中村マリアさんが立ち上げた不動産会社で、不動産物件の仲介や売買を手がけています。

番組内でも不動産営業マンとして出演されている中村さんですが、知識も豊富でテキパキと物件を案内し、営業マンとしてすばらしい実力を発揮しています。中村さんいわく、美人エステートは女性のための不動産会社として設立されたそうで、女性に自信を持って紹介できる物件をどんどん増やしていくのが目標とのこと。

不動産業界としては珍しくエージェント制で会社運営をしており、不動産会社にお客様がつくというよりも、女性営業マン自身にお客様がつくことを第一に考えたそうです。女性が人生のさまざまな出来事で自分のキャリアを中断することなく、自分が選んだ業界で働き続けることを最優先にした結果、このエージェントスタイルにたどりついたそうです。まさにこれからの時代を生きる、女性のための不動産営業マンですね!

まとめ

いかがだったでしょうか?女性の生き方が変わりつつある現代で、不動産という男性が中心だった業界にも、女性がどんどん増えてきていることがわかりました。女性ならではの活躍が期待できる不動産営業マンの世界に、ぜひ注目していきましょう。

【関連リンク】

初心者でも年間400万以上の利益を上げる不動産ノウハウ

再建築不可物件を売却するには

【2018年版】プロが教える!不動産投資で差をつけるための全手法

  • Share SMIVE
  • Twitter
  • Facebook
  • Google+
  • bookmark
  • SNS

  • Twitter
  • Facebook