MENU

不動産投資に関する情報メディア

不動産投資

2018.5.6

ホリエモンが語る不動産投資!不動産投資のリスクについて考える

あのホリエモンこと堀江貴文さんが、ホリエモンチャンネルで不動産投資についてさまざまな視点から語る動画があります。今回は数ある動画の中から「不動産投資はリスキー?!」という内容について、一緒に考えてみましょう。

不動産投資のやり方は?スタイルについて語る

この動画の中で取り上げられているのは「売買を繰り返す不動産投資の運用ではなく、入居者に長く住んでもらえる物件を運用する不動産投資はどうでしょうか?」という質問から始まりました。

不動産投資の一般的なイメージは、物件を購入して安定した運用を行い、最終的には売却をした段階で売却益を得るという流れでしょう。

最近は購入から売却までのスピードが上がってきており、不動産投資を完全なビジネスという面のみで運用している方も多くなりました。

不動産投資のスタイルは人それぞれ

不動産投資はしっかりと収益を上げるのが目標ですが、この方の意向は昔ながらの大家さんの感覚に近いのかもしれません。

この質問に対してホリエモンの意見は「それは不動産投資のスタイルに関する問題だから、アドバイスするようなことではない」という返答でした。

確かに不動産投資という目的は同じですが、どのように運用していくか、運用物件との関わり方は人それぞれですね。そこにはその方なりの考えや、哲学が反映されて行くのでしょう。不動産投資の失敗例と成功例。成功のポイントは不動産会社にあり。もご確認ください。

不動産投資は儲からないってホント?

そしてホリエモンからは、不動産投資は安易な投資である、という話が飛び出します。さまざまな不動産投資セミナーに、人があふれかえるほど集まる、というのも不思議でならないと。

ゲストの方からも、不動産投資が人気なのは、投資対象が理解しやすいためであって、投資として考えるとそれほど儲かるものではない、という厳しい意見も出ました。

確かに投資として、いきなり大きな収益を得ることはむずかしいですし、不動産投資は長年に渡りていねいに運用していく投資方法です。博打的な要素はほぼないと言えるでしょう。不動産営業マンが語る不動産投資における失敗例をご紹介でもご紹介しています。

ライバルが増える不動産投資

また不動産投資に参入してくる企業や人の多さも、競争の激化を招いています。それに加えて不動産投資特有のリスクの多さも、指摘される部分でしょう。

景気や金利に左右されるのはもちろん、天災も避けることができないのは大きなリスクですサラリーマン大家はここに注意!不動産投資が破綻を迎える時でもくわしく掲載しています。

1 2
  • Share SMIVE
  • Twitter
  • Facebook
  • Google+
  • bookmark
  • SNS

  • Twitter
  • Facebook