MENU

不動産投資に関する情報メディア

不動産投資

2017.11.28

【投資家必見】オススメのサブリース会社まとめ

不動産投資の運用でよく出てくる事項にサブリース(一括借り上げ)があります。

どのようなシステムなのか、そしておすすめのサブリースの会社についてまとめてみました。

 

サブリースについて

サブリース(一括借り上げ)とは、不動産投資を行うオーナーが自分の物件の賃貸運用をサブリース会社に一括して任せ、サブリース会社が貸主となって入居者に貸し出すことことです。

つまりオーナーの代行をすべて引き受けてくれる会社です。

 

サブリース(一括借り上げ)とは

http://tochikatsu-iroha.com/land-usage-sublease/

サブリースの仕組みから会社の業務内容、またおすすめするポイントまで細かくまとめられています。

まずはその仕組みをよくご確認ください。

 

物件の設計や施工から管理まで行うサブリース会社

土地の活用を考える方から管理までの業務を一貫して行ってくれる会社です。

 

積和不動産

http://www.sekiwa.co.jp

大手ハウスメーカー積水ハウスのグループ会社、積和不動産です。

賃貸経営を幅広く取り扱い、独自の集金管理システムや細やかな対応が評判を呼んでいる。

土地活用から建物の設計施工、リフォームまですべての業務を行っています。

 

株式会社クラスト

http://www.clast.co.jp

土地活用やマンション経営に強いサブリース会社の老舗です。

自社で施工したマンションの管理無料サービスもあり、不動産投資の初心者の方におすすめです。

東建コーポレーション株式会社

http://www.token.co.jp

土地活用のパイオニアともいえるサブリース会社。賃貸物件を用いた土地活用の提案や、設計施工、メンテナンスまでを幅広く行っています。

様なニーズにも対応できる柔軟な対応で根強い投資家が多くいます。

 

日本住宅流通株式会社

http://www.jyutaku.co.jp/rent/

大和ハウスグループの子会社で、サブリースと管理代行を中心に行っている。

提携会社での設計施工も扱っており、土地活用からスタートする不動産投資すべてに対応している。

 

仲介や管理を中心としたサブリース会社

入居者の募集や仲介、また物件の管理や清掃などを一括して行ってくれる会社です。

 

エイブル保証株式会社

http://www.a-hosho.co.jp

賃貸仲介大手エイブルの子会社でサブリースを行っています。

マンション、アパートの賃貸経営の物件管理と仲介のみの業務で、独自のサブリース保証システムが好評です。

 

株式会社ハウスメイトパートナーズ

http://www.housemate.co.jp

賃貸仲介大手ハウスメイトグループが行っているサブリース会社です。

創業40年以上の老舗で、賃貸物件のサブリースや運営管理に関する業務は、ハウスメイトパートナーズ、ハウスメイトマネジメントの2社が連携して行います。

メンテナンスやハウスクリーニングなどの管理にも定評があり、行き届いた管理ができる会社です。

東急リバブル

https://www.livable.co.jp/kashitai/

戸建住宅やマンションなどを中心としたサブリースを扱っている。

大手ならではのネットワークを活かして広いエリアでの業務を行っており、ニーズに合わせた賃貸経営のサポートをしている。

 

中古マンション専門のサブリース会社

中古マンションのサブリースに特化した会社です。

やや資産価値が高い物件など、特色のあるマンションを中心に業務を行っています。

 

トラストクリエーション 

http://trust-creation.jp/

マンション専門のサブリース会社です。

利回りが期待できる中古物件の取扱いがメインで、資産価値や入居率が高い物件を揃えています。

ジー・ピー・アセット

http://www.gp-asset.co.jp

中古マンションを扱うサブリース会社です。

都心部で資産価値が高い中古物件に限定して扱っており、事前調査も徹底してサブリースを行っています。

株式会社アズ・ブリック

http://www.as-brick.co.jp/sublease.html

首都圏を中心としたエリアでサブリースを行っている会社。

賃貸アパート、マンションを対象としており、3種類の管理システムを選ぶことができます。

その内容によって管理手数料が変わるのが特徴で、オーナーの運用への関わり方を選ぶことができます。

 

サブリースにまつわる問題

不動産投資が大きく変化するに連れて、サブリースそのものが社会問題にもなっています。

どのようにとらえるかはオーナーさんお一人ずつの意識にも関わっています。

 

「サブリースで大損した人」がハメられた手口

http://toyokeizai.net/articles/-/183151

高齢の大家さんが多くねらわれているサブリース会社の手法についての記事です。

 

まとめ

いかがだったでしょうか?

サブリース会社と言っても、それぞれの不動産会社でさまざまな特徴があり、サブリースの内容についても少しずつ違うようです。

ご自分の投資物件を安心してまかせることのできる会社を見つけるのが、サブリースを利用する重要なメリットと言えるでしょう。

 

  • Share SMIVE
  • Twitter
  • Facebook
  • Google+
  • bookmark
  • SNS

  • Twitter
  • Facebook