MENU

不動産投資に関する情報メディア

不動産投資失敗

2017.12.5

神奈川で空室率が高いエリアまとめ

不動産投資において、東京都につぐ重要な都市圏を持つ神奈川県。

横浜市、川崎市を中心に都心への通勤圏として発達する一方、県内でも山間部に近いエリアにはまた別の状況となっています。

不動産投資における市場として、賃貸住宅が多く存在するエリアでの空室率について考えてみましょう。

空室率とは何か?

まず空室率という統計の意味を理解する必要があります。

入居率・空室率とは

https://www.aqutics.jp/blog/glossary/nyukyoritu/

空室率は数字が大きければ空室が多いと理解しがちですが、もともとの賃貸物件として出されている部屋数が少なければ、少しの空室でも割合が高くなる、という傾向にあります。

逆に部屋数が多く出ていれば、多少の空室があっても統計上はあまり目立たなくなります。その辺りも注意しながらランキングをご覧ください。

神奈川県内における空室率の状況

1 2 3
  • Share SMIVE
  • Twitter
  • Facebook
  • Google+
  • bookmark
  • SNS

  • Twitter
  • Facebook