MENU

不動産投資に関する情報メディア

不動産投資

2017.11.30

不動産担保ローン 選び方を初心者にもわかりやすく伝授します

皆さんは不動産担保ローンの選び方はどのようにしていますか?今回は不動産担保ローンの良い選び方を紹介させていただこうと思います。

皆さんも是非不動産担保ローンを選ぶときは今回紹介させていただくことを参考にしてみてください。

不動産担保ローンとは?

不動産担保ローンの選び方を紹介させて頂く前に「不動産担保ローン」が何なのかについて紹介させて頂きますが、不動産担保ローンというのは、「個人」や「法人」を対象としている「不動産と担保として、資産などを借りることが出来るローン」のことを指しています。

 

不動産担保ローンの魅力とは?

不動産担保ローンの魅力についてですが、不動産担保ローンは「資金使途」が基本的には自由です。

つまり、基本的にはどういった使い方でも問題なく利用することが可能となっていて、事業の資金に充てたり、運用の資金としても使用することが出来ます。

更に「金利」が低いのが魅力的です。不動産という担保があるため、カードローンやフリーロンと言ったように「無担保」に比べると低金利となっています。

担保として提供する不動産は、本人や親族以外の名義でも利用することが可能となっています。

【関連リンク】

不動産投資ローンを使ってワンルームマンション投資が理想の形⁈

 

不動産担保ローンのメリット・デメリットについて

不動産担保ローンのメリット・デメリットについて紹介をさせていただきますが、上記で紹介させて頂いたように不動産担保ローンは低金利で高額の資金を手に入れることが出来るのが最大限の魅力ではあります。

ですが、そのようなメリット以外にもデメリットやリスクなどもあるので、不動産担保ローンを利用する前にはきちんと理解しておかなければいけません。

そこで、下記ではメリットやデメリット、リスクについて紹介をさせていただこうと思います。

 

不動産担保ローンのメリットとは?

不動産担保ローンのメリットは下記の通りになります。

  • 融資金額が大きい
  • 低金利で利用することが可能
  • 返済期間が長い
  • 保証人が原則として不要
  • おまとめローンとしての利用が可能

この5つがメリットとしてあります。詳しく紹介をさせて頂きますので是非ご覧ください。

 

  • 融資金額が大きい

最初に紹介させて頂くのが「融資金額」についてです。担保する不動産の価値によっても異なりますが、億などの融資を受けることが可能となっていて、個人や法人でも資金が足りない場合などに利用することが出来るのが最大のメリットです。

つまり、高額融資を受けやすいということです。

無担保ローンなどでお金を借りる場合は債務の返済能力が低いこともあるため、多額の融資を受けることが出来ず、少額の融資しか受けられません。

ですが、このように「不動産」を融資として入れることが出来る人であれば、債務の返済能力が高いため、高額融資をすることが出来ます。

 

  • 低金利で利用することが可能

不動産担保ローンは、無担保ローンとは違い、不動産を担保として入れることにより低金利で融資を受けられるというメリットがあります。

上記で紹介させていただいたように無担保ローンの場合は債務の返済能力が低いこともあり、未回収リスクが高くなってしまいます。

ですが、不動産を担保にすることにより、そういったリスクが減少することもあり、低金利で設定されていることが多いということになります。

またそれ以外にも不動産担保ローンを利用している人は事業者ローン会社にとっては債務の返済能力が高いこともあり、顧客として長く付き合いたいという意思もあり、低金利にすることによって繋いでおくという思惑もあります。

 

  • 返済期間が長い

融資を受ける金額が高額となっているため、返済期間が長く設定することが出来ます。

期間としては20年や30年といった長期的な返済期間が多く、返済の計画などもきちんとできるため余裕をもって返済することが出来ます。

また返済期間が長いことによって、毎月の返済額が下がるため、経営をする上では余裕が出来ます。

 

  • 保証人が原則として不要

担保の不動産に抵当権が設定されていることもあり、原則として保証人は必要としません。

法人であれば、貸付などで不動産だけではなく代表者が保証人となることがありますが、それ以外の人が保証人となるということは、まずありません。

 

  • おまとめローンとしての利用が可能

低金利で設定されていて、融資の金額が大きいこともあり複数のローンを1つにするおまとめローンが利用することが可能となっています。

これにより、借金などの管理や、毎月の返済などが楽になるのでメリットとして挙げられます。

【関連リンク】

オリックス銀行の不動産投資ローンはメリットが大きいワケ

 

不動産担保ローンのデメリットとは?

不動産担保ローンのデメリットは下記の通りになります。

  • 不動産担保ローンの事務などの手数料がかかる
  • 審査や融資までの時間が長い
  • 返済出来ない場合は不動産を失う
  • 繰り上げ返済時に違約金が発生する場合がある
  • 担保として出している不動産の価値が下がると追加で担保を要求される

このようなデメリットが挙げられます。詳しく下記で紹介させていただきます。

 

  • 不動産担保ローンの事務などの手数料がかる

不動産を担保として抵当権を設定するためには「不動産の鑑定費用」「印紙代」「登記費用」といった実費だけではなく、それを担当・用意などの事務の手数料などがかかります。

この手数料は融資額の1%から3%の間で設定されていますので高くはないのですが、融資する額が1億円や2億円となった場合に、手数料が1%であれば100万円、2%であれば200万といったように手数料なども増えていくので注意をしなければいけません。

これに加えて、「登記費用」や「司法書士」といった所なども手数料が必要なので、その点も注意をしなければいけません。

 

  • 審査や融資までの時間が長い

不動産の鑑定費用などを行わなければいけないこともあり、審査の結果が出るのに数日間かかります。またそれにより融資までには1週間以上かかることが多いです。

スピード融資といった自動車担保ローン会社もありますが、そういった会社は限られてくることもありデメリットとして紹介をさせていただきました。

 

  • 返済出来ない場合は不動産を失う

勿論、担保として不動産を出しているわけですから返済が出来ない場合は不動産を失うということになります。

担保としている不動産を失った際に、自宅を担保にしていると自宅を失ってしまうということになります。そのため注意をしなければいけません。

またそれ以外にも競売として出した場合は、大抵高く売れないこともあり、自分で売却をした方が高く売れます。

ですが、その担保にしていた不動産が事業などで使っている場合は失ってしまうと仕事をすることが出来ません。

不動産を担保として出す場合は失ったとしても最小限で収まるように事業や自宅ではなく、関係のない不動産を担保にしたほうが良いです。

 

  • 繰り上げ返済時に違約金が発生する場合がある

不動産担保ローンは融資する際に低金利で設定されていることが多いと紹介をさせていただきましたが、不動産担保ローン会社なども長期的になることを見越して融資などの条件を設定しています。

そのため、返済期間が決まっている中で一括で返済をした場合に金利分が手に入らず、利益が減ってしまうことになるため違約金が発生する可能性があります。

そのため、きちんと不動産担保ローンを借りる前に契約などを確認して、一括で返済をしても違約金が発生しない不動産を選ぶ方が良いです。

 

  • 担保として出している不動産の価値が下がると追加で担保を要求される

融資を申し込む時に「不動産の鑑定」をされますが、担保としての価値が下がってしまうと追加で担保を要求されることが多いです。

理由としては、不動産の価値が下がってしまうと万が一、返済が出来なくなった場合などはどうなるのかわからないので、きちんと融資をする前に相談などをしてください。

また追加で担保をされる場合に、自宅を担保として入れていると追加で担保を要求されたとしても不動産を用意するのは難しいため、融資と返済をする額のバランスやきちんと返済することが可能なのかといったことを確認した上で不動産担保ローンを利用するようにしてください。

【関連リンク】

ほとんどのオーナーが躓く!不動産投資における融資の重要性

 

不動産担保ローンのリスクとは?

出展:https://www.pakutaso.com

上記では「メリット・デメリット」を紹介させていただきましたが、不動産担保ローンを利用する上でのリスクもあります。

そのリスクについて紹介をさせて頂きますが、勿論リスクとして紹介をさせて頂くのはデメリットとして紹介をさせて頂いていることもあります。

そんなリスクですが、まず最初に不動産担保ローンを利用する上で絶対にしてはいけないのが「必要以上の金額を借りる」ということです。

不動産担保ローンを利用する上で不動産を担保とするわけですが、担保とした不動産の価値を元に算出され、必要としている金額よりも多く融資を提示されることがあります。

ですが、その融資金額全てを借りるのはとても危険です。上記で紹介させていただいたように低金利で設定されているのですが、借りる金額が高額となった場合に、手数料や利息なども高くなってしまいます。

そうなってしまうと返済する金額も多くなってしまい、返済することが出来ない、滞ってしまうということになってしまうので十分に注意をしなければいけません。

そして、一番のリスクが「債務の履行遅滞」による不動産の売却です。

不動産担保ローンでは、不動産を担保としているので返済することが出来なければ、不動産の売却によって得たお金を返済に充てなければいけません。

ですが、その返済を拒んでいると強制的に競売されてしまうので自分で売却をしたほうが良いです。先ほども紹介させていただいたように、競売になると高い金額にならないので、それであれば自分で売却をしたほうが良いです。

また、これでも返済額に満たない場合もありますが、このような場合は「担保割れ」となってしまいます。

担保割れになってしまうと、新しくローンを組み直し、残りの返済額をきちんと返済しなければいけません。

ですが、上記で紹介させて頂いたように事業として使用している不動産を売却したり、自宅を売却した場合は仕事がまともに出来ません。

その場合は「自己破産」という選択をしなければいけない場合があるので注意をしなければいけません。

 

では、このようなリスクがありますが不動産担保ローンが返済できなくなるケースと言うのは何があるでしょうか?以下のような場合が返済できなくなるケースになります。

  • 事故
  • 病気
  • 返済遅滞

主なケースはこのような物になりますが、この中で「病気」について触れていこうと思います。皆さんも不動産担保ローンを利用する前にはきちんと理解しておくことがあります。

病気や事故によって、働けなくなるケースも多いのですが、不動産担保ローンは融資金額が高額の場合が多く、返済期間が長ければ、それだけ返済の利息も多くなってしまいます。

病気の中で働けなくなる病気というのが「癌」です。三大疾病の1つでもある癌ですが、人生で癌になる確率が男性は「63%」、女性が「47%」となっています。

男女ともに中高年でもある50代から増加し始めます。

そんな癌という病気ですが、2人に1人が癌にかかると言われています。そんな癌という病気ですが、統計もありますので紹介をさせていただきます。

出典:国立がん研究センターがん情報サービス「がん登録・統計」

 

このように50代を超えると男性・女性の癌になる割合が非常に高くなります。

また癌になってしまうと休職もしくは退職などで仕事を継続するのが難しくなってしまいます。日本では、癌になってしまった人の約4割がこのように仕事を続けるのが困難になっている人が多いようです。

不動産担保ローン会社によっては「癌」になった時に保障が付いていることもあります。病気や事故で返済をすることが困難になった場合に返済を免除されることもあります。

ですが、このような不動産担保ローン会社は多くないので、その場合も注意をしなければいけません。

 

では、不動産担保ローンの選び方を紹介させていただく前に、どのような人に不動産担保ローンが向いているのか紹介をさせていただきます。

【関連リンク】

不動産投資におけるアパートローンの審査について

 

不動産担保ローンが向いている人とは?

不動産担保ローンが向いている人はこのような人になります。

  • 複数のローンを利用している方
  • 多額のお金が必要な方
  • 不動産の売却を考えている方
  • 融資を受けられなかった方
  • キャッシュフローを改善したいと考えている方

不動産担保ローンが向いている人について詳しく紹介をさせていただきます。

複数のローンを利用している方

複数の金融機関からローンを借りている場合は、ローンの限度規制により借りることが出来なくなるのと同時に返済額が大きくなり返済することが出来なくなることが多いです。

それだけではなく、無担保ローンの場合は金利が高いこともあるため、返済が厳しくなるかもしれません。

多額のお金が必要な方

不動産担保ローンの特徴として挙げられるのが「高額の融資」をしてもらえるということです。

多額のお金が必要な場合に、無担保ローンだと借りられるお金が限られてくるということや金利が高いので、それであれば不動産担保ローンのほうがおススメです。

低金利で借りることが出来ますので、不動産担保ローンはそういった方に向いています。

 

不動産の売却を考えている方

不動産の売却を考えている方におすすめなのが不動産担保ローンです。

不動産の売却をするためには、リフォームをしなければいけないことが多く、資金が必要となることが多いです。

そんな時に不動産担保ローンを利用することによって、不動産そのものの価値を高めることが出来ますし、不動産の売却を考えている間に、他の不動産を購入するための資金として充てることが出来るのでおすすめです。

融資を受けられなかった方

銀行で審査を受けた場合に融資が受けられない可能性がありますが、そんな方に不動産担保ローンは向いています。

不動産担保ローンは不動産の価値と、返済能力が高いのかといったことで決まることが多いです。不動産の価値によって、借りることが出来るかどうかというのは決まってくるので、銀行で断られたとしても借りることが出来ます。

不動産担保ローンは基本的には資金の使途が自由となっているので、事業を確立する上で必要な資金であったり、色々な部分で使用することが出来ます。

キャッシュフローを改善したいと考えている方

返済する額が大きいと、返済期間が短い場合は1ヶ月に返済する金額が多くなってしまいます。

不動産担保ローンでは、長期的に返済することが出来るので月々の返済額が大きい場合に、一度不動産担保ローンを充て、そして不動産担保ローンに返済するということもできます。

 

不動産担保ローンの融資を受けるまでの流れとは?

出展:https://www.pakutaso.com

不動産担保ローンの融資を受けるためには、最初に「不動産担保ローン会社」に相談&申し込みをする必要があります。

相談や申し込みに関しては、直接店舗に行く方法と、インターネットなどで申し込むことが出来る2つの方法があります。直接店舗に行く場合は、本人確認書類や認印などが必要となります。

そして審査などで不動産の価値などを確認して価値を決めます。

他にも利用者の勤務状況や返済がきちんとできているのかといったような確認が行われます。無事、審査が通ればメールや電話で連絡が来ます。

契約は「不動産投資ローン会社」と「保証会社」の2つとなります。

この2つの審査が受かったら、利用者の元に「保証承諾書」と「契約書」が届きます。きちんと確認をして必要事項を埋めた上で、書類を送り返すことで手続きが完了となります。

そして融資を受けることが出来る状態となります。

以上が不動産担保ローンの融資を受けるまでの流れとなります。

 

では、不動産担保ローンの選び方について紹介をさせていただきます。

【関連リンク】

【金利の急上昇なんて怖くない⁇】不動産投資のローンの基本から動向まで徹底解説

 

不動産担保ローンの選び方とは?

不動産担保ローンの選び方としては、上記で紹介させていただいたメリットやデメリット・リスクが少ない所を選ぶ必要があります。

 

不動産投資ローンは、先ほども紹介させて頂いたように自分名義の不動産や、他人名義の不動産でも利用することが可能となっています。

その上で大切なのが「低金利」の会社であったり、会社の概要をきちんと確認する必要があります。

不動産担保ローンを利用する上で一番しなければいけないのが、会社の概要です。

悪質の不動産会社ローンは会社概要がほとんど書かれていない、もしくは書かれている内容が明確に記されていないことが多いです。

次に、不動産担保ローン会社をインターネットで探す際に、記載されている住所に本当に店舗があるのか確認をする必要があります。

悪質な不動産担保ローン会社であれば、調べてみると雑居ビルの一室だったり、実際には違う会社であったりする場合があります。このような悪質な不動産担保ローンもありますので見極めるためには大切なポイントです。

最後に自社の融資をする会社であるか、審査にどのぐらいの手数料がかかるのかを確認する必要があります。

審査の手数料に関しましては、会社によっては手数料なども変わってくることがあります。また不動産担保ローン会社によっては、他の不動産融資ローン会社を紹介してくる場合があります。

この場合、申し込みなどを行った場合に紹介料を請求されるというようなこともあります。

他にも融資をしてもらう上で不動産の審査が必要ですが、審査にかかる手数料を請求されることもあります。

そのため、このような最低限の確認はきちんと行う必要があるので十分に気を付けてください。

【関連リンク】

不動産投資ローンを使ってワンルームマンション投資が理想の形⁈

 

大切なのは不動産に強い業者に依頼をすること!

今回紹介させて頂いたデメリット、リスクなどを解消するためには不動産担保ローンの審査や融資まできちんとしてくれる会社を選ぶ必要があります。

依頼をする上では大切なことで、ビジネスパートナーは不動産担保ローンを扱っていることもあります。

不動産担保ローンで融資の実績があったり、土地や建物のみでも融資してくれるのか、不動産担保の融資の不安要素をきちんと明白にしています。

不動産担保ローンだけではなく、カードローンなども取り扱っていて、サービス内容なども魅力的です。

なので、私が一番おススメなのが「ビジネスパートナー」です。

インターネットで申し込みをすることが出来るのと、仮審査なども全て無料となっています。融資の金額も100万から最大1億円まで資金を融資してもらうことが出来るので、資金に困っている方などは是非利用をしてみては如何でしょうか?

【関連リンク】

オリックス銀行の不動産投資ローンはメリットが大きいワケ

 

まとめ

如何でしたでしょうか?今回紹介させて頂いた「不動産担保ローンの選び方」について理解していただけたのではないでしょうか?

不動産担保ローンを選ぶためには、このように色々と注意をしなければいけないことがあると思います。

特に一番気を付けてもらいたいのが「癌」などの病気になることです。

不動産担保ローンを利用する上で、このような病気になってしまうと、返済することが出来なくなってしまうこともあります。不動産担保ローン会社も仕事としてやっているので、癌になったからといって返済義務を無くすということはありません。

勿論、そのような会社もあるとは思いますが、多くはそのようなことがありませんので十分に注意をした上で利用をするようにしてください。

また今回紹介させていただいたようにメリットも沢山あります

。不動産担保ローンを選ぶ時に一番気を付けてもらいたいのが「契約内容」にきちんと目を通すようにしてください。悪質な不動産担保ローン会社も少なくはありません。

特にインターネット上にある不動産担保ローンは危険なこともありますので、決して画面上に安心といっていても契約をする内容が違っていれば、どうすることも出来ません。

是非今回紹介させていただいたことを参考にしてみてください。

  • Share SMIVE
  • Twitter
  • Facebook
  • Google+
  • bookmark
  • SNS

  • Twitter
  • Facebook