MENU

不動産投資に関する情報メディア

サラリーマン大家

2017.9.3

【大損を防ぐ】ワンルームマンションの売却は時期とタイミング全て⁈

ワンルームマンションを購入したけれど売却したい・・・

売却を検討している・・・

そんな方も多いのではないでしょうか。そんな方のために、売却方法や高く売却するコツや売却におすすめの時期、査定の方法から査定での価格の決定方法まで詳しくお伝えします。高く売却するには修繕状態や管理体制、売り主の人柄も加味されるんですよ。売却を見越してワンルームマンションを購入したい方にもおすすめです。

ワンルームマンションの歴史と特徴

ワンルームマンションは不動産投資では利回りが高くコストパフォーマンスも良いといわれています。その歴史や最近の流行についてお伝えします。

 

ワンルームマンションの歴史

ワンルームの人気は、江戸時代から始まっています。江戸時代はトイレやお風呂が共同の1Rもしくは2Rの平屋が多く、商人がこれらのアパートを買い占めていました。そして明治時代になると「不動産業」が普及され、昭和に入って太平洋戦争による被害を受けた都市の復興を目指して賃貸・分譲マンションを建設し始めます。1960年代から新興住宅地が作られ、マンションも増加していきました。

 

そして昭和50年代。サラリーマンや単身世帯の増加とともにワンルームの需要も大きくなっていきます。歴史は浅くはありますが、住宅街の建設開始とほぼ同時にワンルームマンションも人気があったのです。この頃から優秀な不動産業界も増加していき、不動産投資も活発になっていきます。昭和60年代以降には賃料保証や一括借り上げ制度も普及し、個人投資者が投資を始めやすくなっていきます。現在ではワンルームマンションは70,000戸数以上あるというデータもあり、不動産投資では15兆規模で利益を出しています。

 

このように、ワンルームマンションは昔より需要がある物件なのです。需要があるだけでなく、利回りも良いとされています。4部屋作る予定のアパートがあったとして、2Rの間取りを2戸数作って賃料16万にした場合と、ワンルームマンションを4戸数作って賃料10万にした場合、どちらが利益がでるでしょう?前者だと32万、後者だと40万と8万もワンルームの方が利益を見込めます。さらに、間取りが単純な分修繕の手間もかかりません。そういった時間と費用の手間がかからないのもメリットであり、ワンルームマンションは古くから需要があるのです。

 

最近の流行

最近のワンルームマンションではどんな物件が作られていて人気があるのでしょうか。2013年時点の事情をまとめました。これを知ることにより、どんなワンルームマンションなら売却しやすいか?また次にどんなワンルームマンションで投資を始めると成功するのか?の参考になりますよ。

 

セキュリティマンション

入居者が訪問者を確認してから開錠するセキュリティマンションが増えています。不審者やストーカーでの殺害が増えている昨今、セキュリティは強化されているようです。平成28年度のストーカー被害の相談件数は2万件を越え、被害者の9割が女性です。また、配偶者からの暴力の被害件数は6万件にも登り、13年連続で増加しています。そういった面でセキュリティマンションは当たり前になっています。

 

可変タンブラーシリンダーリバーシブルキー

ピッキングや盗難、合鍵を持った配偶者や交際相手への対策として、可変タンブラーシリンダーリバーシブルキーが人気です。13枚もの複雑なタンブラーで構成されているキーで、複製も難しくドリルでの不正入居も防ぎます。防犯性も高いため特に女性から人気です。

 

二重床、二重天井

間取りの変更やバリアフリーの施行がしやすいように二重床や二重天井になっているマンションも多いようです。介護を考えている人や投資向きということが言えます。

 

シューズクローゼット付き

傘やブーツなどの収納がある大きなシューズクローゼットがあると便利です。昨今では女性の一人暮らしも増えているため、重宝されます。

 

2口コンロ付き

ワンルームでも2口コンロがある物件も増えています。ワンルームマンションの需要や機能性の高い部屋が求められているのでしょう。

 

トイレ・バス別

ワンルームというとユニットバスが主流でしたが、現在ではトイレ・バスが別な物件も多いです。また、同時に温水洗浄機能つきのトイレも人気のようです。

このように、ワンルームマンションの機能性も高い物件が人気になっています。機能性の高い物件やリフォームにおいて住みやすくしておくと売却時にも有利になるでしょう。

合わせて読む→【マンション売却のコツ!】あなたのマンションの内覧に人が来ないのはなぜ?

1 2 3 4 5 6 7 8
  • Share SMIVE
  • Twitter
  • Facebook
  • Google+
  • bookmark
  • SNS

  • Twitter
  • Facebook