MENU

不動産投資に関する情報メディア

サラリーマン大家

2017.7.31

【全マニュアル】不動産投資に必須!ワンルームマンション売却の極意

ワンルームマンションを売却したいけれど、売却の流れや方法がわからない。必要な書類は?費用はどれくらい?という方もいらっしゃるのではないでしょうか。売却の流れや方法、最近の売却価格、売却におすすめの時期などまとめてみました。売却する前にやっておきたいこともご紹介します。

ワンルームマンション売却のメリット・デメリット

まずはワンルームマンション売却のメリットとデメリットについてご紹介します。

ワンルームマンション売却のメリット

メリットは「売却益を得られること」「ワンルームマンションは需要が高く、早い段階で売れることが多い」の2点です。ワンルームマンションは首都圏や大都市を中心に件数が多く、毎年次々に新しいマンションも建てられています。特にここ10年の建築数は以前のおよそ10倍以上と倍増しており、その人気はとどまるところを知りません。

中古ワンルームマンションも売却に出すと、比較的早いタイミングで買い手がつく状況で、売却のメリットも非常に大きい状況が続いています。ワンルームマンションの売却時期やポイントを間違えないために知っておくべきこともぜひお読みください。

ワンルームマンション売却のデメリット

デメリットは「資産を手放すことになる」「売却費用がかかる」「リフォーム代がかかる場合もある」の3点です。

売却すれば当然資産はなくなりますが、固定資産税の支払いもなくなります。固定資産税については『不動産売却時の知っておきたい税金のすヽめ』や『投資用マンションを売却する際にかかる税金とは』でもご紹介しています。売却にかかる費用は「仲介手数料」「印紙代」「不動産譲渡所得税」「抵当権抹消登記の免許税」などの諸費用です。こちらはのちほどくわしくご説明します。

また売却方法によっては150万円弱のリフォーム代がかかる場合もあります。

1 2 3 4 5 6 7 8
  • Share SMIVE
  • Twitter
  • Facebook
  • Google+
  • bookmark
  • SNS

  • Twitter
  • Facebook