MENU

不動産投資に関する情報メディア

面白い不動産

2017.9.16

近未来型デザインを導入したハイテクカプセルホテル ナインアワーズ北新宿

カプセルホテルが少しずつ進化を始めている昨今、都内の北新宿エリアに新しいカプセルホテルがオープンしました。「9h hours 北新宿(ナインアワーズキタシンジュク)」です。

都市での宿泊スタイルを変えるカプセルホテル

出展:https://ninehours.co.jp

宿泊料金は4900円からと低価格ですが、滞在するのに余計な機能や施設はなくし、その反面ゆとりのある共有スペースを設けた、新しいコンセプトのカプセルホテルです。

 

ナインアワーズホテルはシャワー、眠る、身支度で9時間

出展:https://ninehours.co.jp

ホテル名の「9h hours (ナインアワーズ)」は、都市圏のホテル滞在に求められる3つの基本行動、1h(汗を洗い流す)+7h(眠る)+1h(身支度)の合計9hから取られました。実際は12時からのチェックイン、翌朝10時のチェックアウトまでの22時間の滞在が可能です。機能性と合理性を持たせたホテル内には、さまざまな設備を整えました。

 

カプセルホテルの様子は!?セルフチェックインって?

出展:https://ninehours.co.jp

ホテルの建物8階建のビルです。大久保通りに面した場所ですが、通りから少し奥まった所が入口です。そのまま8階へ上がるとフロントになっています。

フロントでのチェックインですが、チェックインすると二次元コードが印刷されたカードが渡され、これが館内すべてのロッカーキーとなります。事前に公式予約サイトからの予約した場合は、二次元コードが発行され、当日フロントのiPadを使いセルフチェックインすることも可能です。もちろん通常のチェックインも可能なので、状況に応じて使い分けることができます。

受付でカプセルの上段か下段かを選択して宿泊スペースへご案内します。

 

宿泊スペースは最大限配慮した作り

出展:https://ninehours.co.jp

宿泊スペースは3.4階が男性用フロア、5.6階が女性用フロアになっており、それぞれ専用のエレベーターを利用することができます。大きな荷物の方もロッカーエリアに専用のロッカーがあるので、まずは荷物を預けてしまいましょう。フロアは個室スペースとロッカースペースでそれぞれ半分ずつ利用するように配置しました。同じフロアに荷物を置くことができます。

ロッカー内は可動式の間仕切り棚があり、下段は大きなトランクもすっぽりと入る大きさになっています。長い荷物の場合は棚を跳ね上げてご利用ください。中段にはハンガーがかけられ、ホテル内で使うバスタオル、フェイスタオル、スリッパ、歯ブラシ、館内着をご用意しました。

一番上の上段には靴を入れるスペースがあります。ロッカーに入らない荷物はフロントでお預かりすることができます。

 

カプセルユニットは近未来なデザイン

個室スペースの宿泊カプセルユニットは、上段と下段に分かれており、ロッカーと同じ番号のユニットを使用します。丸みを帯びたまゆのようなデザインで、頭側の奥のスペースは入口よりも少し幅が狭くなっています。

カプセル内は幅と高さが1.1m、長さが2.1mとなっており、頭側に小物を置くスペースが2カ所と電源コンセントがあります。照明は柔らかい温かみのある色合いを使用しており、ふんわりと包まれる感覚になることでしょう。

入口にはブラインドカーテンを降ろすころができますが、音を完全に遮断することは難しいです。宿泊フロアには洗面とトイレが完備されています。

 

安心清掃なシャワーフロア

シャワーフロアは7階に作りました。男女用それぞれのエレベーターで上がると、男女別で専用のフロアに行ける仕組みとなっており、エレベーター内ですれ違う心配もありません。

シャワールーム内は完全な個室になっており、脱衣所もそれぞれについています。着替えや小物を置くための棚も完備しているので、周りを気にすることなくシャワーを使うことができます。またボディソープ、シャンプー、コンディショナーも各ルーム内に準備してあります。

またシャワーフロアには共有で使う大きなパウダーコーナーがあり、ドライヤーや手洗い場も完備しています。このフロアには清掃担当のスタッフが常駐しており、シャワールームの使用後すぐに清掃します。いつでも清潔に保たれており安心して利用することができます。

 

ラウンジが一番の自慢

出展:https://ninehours.co.jp

出展:https://ninehours.co.jp

8階の受付フロントの裏側がラウンジになっています。ラウンジのデザインはコンクリートを打ちっぱなしにした床に木製の大きなテーブル、壁に沿ってカウンターを設置しました。清潔で明るい雰囲気の中、窓は床から天井までの一面ガラス窓を設置しており、眼下に広がる都会の景色を一望することができます。自動販売機の設置はしていないですが、お食事や飲み物の持ち込みが可能です。近隣には外食店や持ちかえりのできるお店も多数あるエリアですので、このラウンジを上手に利用するのもおすすめです。

またPC作業や仕事をするために、予約制のデスクブースを5席作りました。間仕切りで仕切られたブースには専用の照明、電源コンセントも付いています。またフロント脇にはプリンター・コピー機もあります。宿泊者はブースを無料で利用することができます。

 

宿泊以外の利用も可能

また9h hours 北新宿では、宿泊の利用だけではなく、仮眠などの利用も1時間以上から可能で、時間単位での料金制となっています。シャワーフロアのみの利用も1時間以内で受け付けており、仕事中や観光途中でのリフレッシュ、またランニングの拠点としての利用も面白いと思います。

9h hours 北新宿は山の手線・新大久保駅から徒歩5分、コリアンタウンの真ん中にあり、とても便利な立地です。一度ぜひご利用ください。

  • Share SMIVE
  • Twitter
  • Facebook
  • Google+
  • bookmark
  • SNS

  • Twitter
  • Facebook