MENU

不動産投資に関する情報メディア

面白い不動産

2017.8.18

仕事の質を高めるシェアオフィス[クリエイティブラウンジ mov]

不動産管理者として、空きの出ない人気のある物件や収益物件としていい物件だと良いですが、その以外にも空き屋になったままの物件やなかなか事務所として利用してもらえない物件などは、何か活用できる手立てはないかと探していると思います。

東京渋谷ヒカリエ8FにあるCreative Lounge MOV(クリエイティブ ラウンジ モヴ)とは、フリーランスやクリエイティブな職業をしている人たちのシェアオフィス、コワーキングスペースとして利用されています。

 

出展:https://www.shibuyamov.com/

このシェアオフィスの管理会社は、文房具やオフィス家具のコクヨ株式会社です。

 

2012年にヒカリエオープンと同時にオープンしたこの場所、オフィスというよりも広場をイメージした作りで、ベンチや階段など自由に使える共有スペースや1時間から借りられるミーティングルーム(6名~24名まで対応可能)、企画や展示会などの自分の情報発信や表現する場所として活用できるスペース「aiiima」などがあります。

 

当日の一時利用、1時間800円からも利用出来る手軽さ、月額メンバーとしても入会金、月額費用、カード発行量など合わせても一番安い価格で23600円から利用できるスペースです。

 

普通にオフィスを構えるよりは、ずっと安く費用を抑えられるので、創業間もない個人事業主の方やフリーランスで働く人には使いやすいオフィスです。

 

シェアオフィス「Creative Lounge MOV(クリエイティブラウンジ モヴ)」のコンセプトとは

出展:https://www.shibuyamov.com/

よりクリエイティブに働きたい人や、ノマドや新しい働き方の若い方を中心としたシェアオフィスです。

出展:https://www.shibuyamov.com/

「Creative Lounge MOV」の「MOV」は、Movementの略で異文化や異文化の人たちが出合い、お互いのアイデアを出し合い、交換しながら新しいムーブメントを作る、渋谷らしい働き方の場所、情報発信地としての意味をこめられています。

 

実際にシェアオフィスを利用する人同士での繋がりで新しい事業を起こしている人たちもいます。

 

自分の仕事を高める為にやってきていることが、自然と集まりあっているので、自分の仕事もしやすい環境作りをしています。

 

利用するユーザー側がなぜこのシェアオフィスを使うのか

出展:https://www.shibuyamov.com/

実際に使っているユーザーとしては、渋谷というアクセスのしやすさもありますが、同じように創業間もない状態やフリーランスのクリエイター同士が集まっているなかで自分を高めたい意欲、仕事場として使っている人、この施設の中で様々なイベントが行われているので、情報を得ている人たちもいます。

出展:https://www.shibuyamov.com/

様々な交流イベントが開催されていて、などを通じて、自分のやりたいことを表現して仲間を集めていく人もいます。

 

一人で黙々と作業するスペースというよりは、ある程度の人たちをわいわいやりながら自分の可能性を広げていくような人たちが比較的多く利用するスペースです。しかし、仕事をしている最中に急に隣の人から話しかけられるといったようなナンパ行為はしないようなビジネスマナーは持っています。

 

 

数ある中でこのシェアオフィスのユニークポイントは何か

出展:https://www.shibuyamov.com/

クリエイティブに仕事が出来やすく、様々なシーンを切り取ったような、リラックスできる環境の数々があります。実際のNYの公園と同じベンチの置いてある広場をイメージしたスペース、大きなソファ落ち着いたカフェスペース。

 

周囲の音や人に気が散らないように集中出来るような一人の専用スペースもあります。打ち合わせ用のミーティングルームや研修出来るスペース、また撮影も可能なので、そこで撮影スペースとしても活用できます。

 

様々なビジネスシーンでの活用が出来ることが利用しやすいポイントです。今では当たり前ですが、コンセントや携帯充電器などが貸出できること。

出展:https://www.shibuyamov.com/

ちょっとしたサービスなのですが、コーヒーやスナックが無料で置いてあったり、ライブラリーの利用もできたりと気の利いたサービスがあるとことが利用しやすいポイントです。

 

もちろんオフィスとしての機能、コピーやスキャン、USBの利用、ノートの販売やロッカーも使用可能です。クリエイティブなスペースと、オフィス機能を充実しながら、クリエイター同士のつながり、出会いの場としても活用できるような場所がにぎわっている理由です。

 

イベントは、現在活躍している人たちのトークショーや企画展、はたまたmini運動会やハロウィンイベントまで、参加者同士が自分の事を知ってもらえる機会を増やせることをしています。

 

シェアオフィスの成功ポイントして、実は場所が駅から近いことだけではないようです。実際に都心のシェアオフィスとしては、駅から比較的歩く場所でも、使う人たちが自分の仕事の可能性を広げられるスペースだったり、集中出来る場所であれば人が集まってきます。

 

この「Creative Lounge MOV(クリエイティブラウンジ モヴ)」もヒカリエいう場所だけでなく、独自に施設のコンセプトやリラックスできるスペースを提供し、イベント開催などを通じて、定期利用をしてもらえる工夫をしていることが利用してもらえるポイントになっています。

 

空き家活用として、シェアオフィスの選択肢もいかがでしょうか?

 

  • Share SMIVE
  • Twitter
  • Facebook
  • Google+
  • bookmark
  • SNS

  • Twitter
  • Facebook