MENU

不動産投資に関する情報メディア

面白い不動産

2017.8.14

モンゴルの遊牧民族の暮らしを体験できるモンゴリアビレッジ

栃木県那須郡にある、モンゴリアビレッジ  テンゲル。那須の大高原を利用したこちらの施設は、東京から数時間移動するだけで大自然を楽しめ、加えてモンゴル体験までできてしまう魅力的な空間。

モンゴルの移住式住居「ゲル」に泊まる@モンゴリアビレッジ

出展:http://tenger.jp/facilities/index.html

「ゲル」とは、モンゴル高原の遊牧民が寝泊まりに使用する移住式住居のことを言います。日本では「パオ」という呼ばれ方もされますね。

 

ゲルは円形構造をしていて、羊や狼などの毛皮、ラクダの腱が用いられています。中に入ると、直径4~6m程度の空間が広がり、モンゴルではその左側を男性が、右側を女性が使うことになっています。

出展:http://tenger.jp/facilities/index.html

モンゴル遊牧民は昔ながらの暮らしを守っているイメージが大きいですが、実は、遊牧民の大半が携帯電話を持っているんです。

 

ゲルの外側に太陽光パネルやアンテナを設置して、対応しているんですよ。自然に囲まれた生活は守りつつ、現代文化も取り入れている柔軟さが、モンゴルの遊牧民のいいところかもしれませんね。

モンゴリアビレッジのテンゲル内のフロントを抜けると、モンゴルから直輸入されたゲルが数十棟並んでいます。

 

ゲルの玄関の扉には、モンゴルの模様がほどこされ、異空間を漂わせます。ゲル一棟につき、通常ベットは4台設置されています。プラス2名分の寝具は用意可能です。机やタンス、椅子やベットもモンゴルから直輸入されたもので、モンゴルの雰囲気を味わうことができます。

出展:http://tenger.jp/facilities/index.html

また、エアコンやテレビも用意されています。冬には加湿器も置かれるので、乾燥する心配はありません。また、テンゲルでは、団体向けに大きなゲルを2棟設置しており、最大10名での宿泊が可能です。

 

夜はモンゴリアビレッジのテンゲル内がライトアップされ、那須の大自然の中で光に映し出されるゲルはとても幻想的です。ゲル内は禁煙なのですが、灰皿の用意があるので、ゲル外で喫煙可能です。男女別の共同トイレがテンゲル内に4箇所完備しています。

 

那須の豪華な食事を楽しむ

出展:出展:http://tenger.jp/facilities/index.html

テンゲルのフロントに隣接するレストランで、豪華な食事を楽しむことができます。朝はモンゴル風の食事が出され、夜は何と言っても那須の黒毛和牛。口の中に入れた途端にとろける、柔らかくてジューシーなお肉を堪能してください。

出展:http://tenger.jp/facilities/index.html

また、バーベキューセットも人気で、なんとA5ランクの那須黒毛和牛が使われるんです!家族やグループで行ったらぜひ利用したいですよね。冬限定で、「テンゲルオリジナル二食鍋」や「ハントロゴ(あつあつ火鍋)」といった体の温まるメニューが出されます。

 

 

テンゲル内の温泉で温まる

出展:https://travel.rakuten.co.jp/HOTEL/25121/CUSTOM/SPG25121150120164443.html

テンゲルの地下800mから湧き出る温泉は、メタケイ酸を多く含み、肌のセラミドを整える作用が働き、美肌に効果的です。そのほか、慢性皮膚病、慢性婦人病、虚弱児童の体質改善にも効果があると言われています。

 

露天風呂、岩風呂、桧風呂があり、星空を眺めながら浸かるのもよし、桧の香りで癒されるのもよしです。ドライヤーや洗顔料、化粧水等も完備されているので安心ですね。

 

モンゴル遊民族の暮らしを体験する

テンゲルでは、馬頭琴演奏者によるコンサートの実施や、モンゴル遊牧民の衣装であるデールの試着体験などを行い、遊牧民の暮らしを感じてもらう取り組みをしています。

 

また、団体向けに、ゲルの組み立て体験講座を実施しており、一からゲルの作り方を学ぶことができます。こちらの組み立て体験以外は予約不要になります。

 

【アクセス方法】

☆JRを利用する場合

東北新幹線「那須塩原駅」下車

東北本線「黒磯駅」下車

下車後、那須湯本または大丸温泉行きの路線バスか、レンタカーを利用してください。路線バスを利用する場合、予約すれば送迎バスで迎えに来てくれます。

 

☆高速バス(那須リゾートエクスプレス)を利用する場合

路線バスと同じく、「友愛の森」で下車後、送迎バスでテンゲルまでいってください。

☆車の場合

那須ICから15分程度。ホームページにも記載されていますが、カーナビで表示されない場合がありますので、必ず地図を持っていってくださいね。

 

都心の近くで、しかも自然に囲まれて、モンゴル体験ができるのはこの那須モンゴリアビレッジ テンゲルだけ。ぜひ那須へ行って、ゲルでの暮らしや温泉、モンゴル体験などを楽しんでください。

 

  • Share SMIVE
  • Twitter
  • Facebook
  • Google+
  • bookmark
  • SNS

  • Twitter
  • Facebook