MENU

不動産投資に関する情報メディア

面白い不動産

2017.9.16

京町家スタイルのホテル「ホテルカンラ京都」とは

日本を代表する観光地、京都。年々観光客は増加の一途をたどり、どの季節に来てもにぎわいを見せています。宿泊施設も数え切れないほど点在していますが、2016年にリニューアルオープンした「ホテルカンラ京都」をご紹介します。

日本の美意識と知恵をここに

東本願寺の隣の敷地にあるホテルカンラ京都は、京都駅からも非常にアクセスがよく、観光の拠点として最適な場所にあります。リニューアルにあわせて増床した客室は、本館と別邸を合わせて68室になりました。

烏丸通りに面したホテルからは東本願寺の借景のみならず、京都タワーや山科の山並みも見え、まさに京都の真ん中にいることを実感させてくれます。

 

ホテルカンラ京都は東本願寺からすぐの立地で

ホテルカンラ京都の建物は5階建になっており、もともとは予備校があったビルでした。リニューアルによって和を感じさせるホテルへと生まれ変わりました。京都駅からまっすぐに伸びる烏丸通りに面してエントランスがあります。石作りと植栽が美しいエントランスをくぐると、フロント、カフェ、ラウンジ、ショップなどがあります。

他にもレストランが2件、宴会場、スパも併設しており、コンパクトホテルとしては異例の充実した施設を誇っています。

 

ホテルカンラ京都のインテリアのテーマは京町家スタイル

出展:http://kyoto.hotelsfan.net/shimokyouku/post-35.html

ホテル内の意匠は、木・石・鉄・土・緑など自然の素材を取り入れ、京都で培われた伝統的な技術と技法を使って、モダンな京町家のスタイルを再現しています。間口がやや狭いながらも、奥に向かってひろがった空間に、コンパクトな和室や禅のしつらいを合わせ、独特なスタイルを作りました。他のホテルでは見られないシックな美しさにあふれています。

 

京都市街のホテルに半露天風呂が⁈

客室のご紹介ですが、なんといっても特徴的なのはスイートルームを中心に設けられた、バルコニーにある半露天風呂です。京都の街中と思えないバルコニーに坪庭を作り、ヒバの木を使った美しい浴槽を置きました。京都の夜景を見ながら入るお風呂は、温泉旅館にも負けない魅力にあふれています。

 

客室の種類はさまざま

出展:http://kyoto.hotelsfan.net/shimokyouku/post-35.html

出展:http://kyoto.hotelsfan.net/shimokyouku/post-35.html

出展:http://kyoto.hotelsfan.net/shimokyouku/post-35.html

客室のタイプは本館に、カンラスイート、カンラジュニアスイート、デラックスツインルーム、スーペリアツインルーム、ダブルルームがあります。別邸にはカンラスイート、ツインルーム、ダブルルーム、メゾネットルーム、アクタスルーム、カギロイルームがあります。別邸の方が若干ゆとりのある部屋の作りになっています。

各部屋には寝室としてベッドルーム、和室、リビングルームがあり、石作りのひんやりとした床が町家を思わせます。和室は小上がりになっていて書斎としても使えるようになっています。

バスルームにはヒバの木で作った浴槽を置き、独立したシャワールームを設けたことで、ゆったりとくつろいで入ることのできるお風呂となりました。

また広いパウダルームとクローゼットも同じスペースに作りました。身支度が一度に行える空間は滞在中のゆとりを生むことでしょう。

 

ブランドメーカーがプロデュースしたお部屋があります

別邸にあるアクタスルームとカギロイルームは、日本を代表するインテリアブランドがそれぞれプロデュースを手がけました。

アクタスルームはインテリアブランド「アクタス」が手がけました。ブランド独自のファブリックをパネルにして飾ったり、室内の椅子やデスク、照明など、こだわりの品を準備しました。メゾネットのお部屋にはテラスがついており、アウトドアリビングとしても使えるようにしました。

カギロイルームのブランド「カギロイ」は、文房具メーカーのコクヨが手がけるライフスタイルブランドで、古材を使い和の良さを表現する家具やインテリアを多く作っています。カギロイルームには、そのブランドイメージを活かし、座卓や座椅子、また和室の調度品など美しいデザインの家具を置きました。メゾネットのお部屋には縁側や小さな庭園もあり、まさに町家に泊まるような雰囲気のお部屋です。

 

こだわりの客室用備品

またお部屋には清水焼の洗面ボウルや湯呑み、杉材で作った棚、京都のお茶の老舗「丸久小山園」のお茶、京都の着物ブランドがプロデュースした基礎化粧品セットなど、京都ならではの美意識にあふれた品々を準備しました。滞在しながらも京都の魅力を存分に味わうことができます。お部屋に到着した際に、リビングのテーブルの上にお茶のセットとおもてなしの小箱が置いてあります。箱の中にはホテルの案内に加え、京都らしい千代紙や京菓子、四季折々の小物を準備しました。この小箱は玉手箱と呼ばれ、ホテルからお客様へのおもてなしの心として大切に準備をしています。

 

朝食もホテルの名物

出展:http://kyoto.hotelsfan.net/shimokyouku/post-35.html

 

ホテルでの朝食もホテルカンラ京都の大きな魅力の一つです。京都丹後のお米を楽しむ京料理を朝食に準備しました。ていねいに作られたおばんざいやお漬物、出汁をひいたお椀とともに、3段重に盛り付けてお出ししています。

また洋食を希望される方にも、たっぷりとしたイングリッシュブレックファーストをご準備いたします。他にもブッフェにてご提供するパン、シリアル、ヨーグルト、各種飲み物なども合わせてご自由にお楽しみください。

レストランではランチ、ディナーもそれぞれ個性豊かなメニューを準備しております。こちらも合わせてご利用ください。

 

ホテルカンラ京都は、京都駅から地下鉄烏丸線で五条駅下車徒歩1分、また京都駅から歩いても徒歩12分の場所にあります。和の魅力あふれるホテルカンラ京都にぜひ一度お越しください。

 

  • Share SMIVE
  • Twitter
  • Facebook
  • Google+
  • bookmark
  • SNS

  • Twitter
  • Facebook