MENU

不動産投資に関する情報メディア

面白い不動産

2017.10.8

最新のIOTシステムを導入したスマートホステル

昨今、日本へ来日する外国人観光客の増加に伴い、宿泊施設のスタイルが様変わりしてきています。従来の食事が付いた旅館スタイルや、宿泊のみが目的のシティーホテルやビジネスホテルに変わり、シンプルな施設でその分安価なドミトリーやホテル、また旅行客同士の交流も可能なホステルも増えてきました。

ホステルで最新のIOTシステムを体験してみよう!

出展:https://andhostel.jp/asakusanorth/

そして最新のIoTシステムを導入したホステルが、東京にも2軒作られました。その中からここ「AND HOSTEL ASAKUSA NORTH(アンドホステル浅草北) 」をご紹介します。

IoTとはInternet of Things(モノのインターネット)のことを指し、従来はパソコン、プリンター、サーバーなどが接続されていたインターネットに、それ以外のものを接続することを意味します。テレビやオーディオ関連の家電製品はすでに日常となりましたが、それ以外の生活のあらゆるものを便利につないでいくことができます。アンドホステル浅草北では、このIoTシステムを施設内に導入して快適な空間を提供しています。

 

気になるホステルの中の様子は?!

出展:https://andhostel.jp/asakusanorth/

ホステルの建物は3階建になっており、1階にはエントランス、キッチン、ラウンジ、ランドリーなどの共有スペースがあります。2階と3階が客室フロアになっており、各フロアにはトイレ、洗面所、シャワールームがあります。

ホステルの客室はドミトリータイプ、ツインルーム、セミダブルルームの3種類に分かれていて、この中でIoTシステムを導入した部屋は4部屋あります。

出展:https://andhostel.jp/asakusanorth/

客室はドミトリータイプのお部屋が12名用の2部屋で、合計24名までの宿泊が可能です。明るい窓の付いた部屋に2段ベッドを置き、少し懐かしい雰囲気のお部屋になっています。

出展:https://andhostel.jp/asakusanorth/

スマートホステルのツインルームは2段ベッドを置き、テーブルと椅子もあるお部屋です。セミダブルルームは一人での利用も可能です。各部屋にはエアコンも完備しており、居心地の良さを重視したお部屋となっています。

出展:https://andhostel.jp/asakusanorth/

出展:https://andhostel.jp/asakusanorth/

また共有施設として、1階にはキッチンとラウンジ、シャワールーム、バスルームがあります。キッチンでは自由に食事の準備をすることができ、使い勝手もとてもよく、食器やカトラリー、コップ、基本調味料も準備してあります。アメニティーは歯ブラシ、シャンプー、コンディショナー、ボディソープがあります。

 

IoTシステムのお部屋はどんな感じ?!ホステルとしては?

出展:https://andhostel.jp/asakusanorth/

ツインとセミダブルのお部屋には、IoTシステムを体感できるスマートデバイスを準備しました。

部屋の鍵、照明、エアコン、カーテン開閉、テレビ、空気清浄機などのコントロールを一つのデバイスで行うようになっています。デバイスの中にアプリが入っており、それぞれのアイコンをタップすると操作画面に切り替わります。直感的に使えるようにデザインされているので、特に使い方を確認しなくても使える設計になっています。アプリ内に各機器の電源スイッチもあり、エアコンは現在の温度も表示されます。テレビは通常のリモコン操作がすべてアプリに入っています。各機器単体でのリモコン操作をすべて一つのデバイスに落とし込んでいます。

 

実際の使い方は?

出展:https://webrage.jp/service/industry/iot_m2m/

例えば外出の際には部屋に鍵をかけます。デバイスで「部屋の鍵をロックする」を選択すると、システムが起動し部屋の照明やエアコンを自動で止めて鍵をかけます。開ける時には「ロックを解除する」を選べば、自動で照明やエアコンが元通りにつき、鍵が開くようになっています。

また就寝時には「ナイトモード」の設定ができます。翌朝の起床時間をセットしてアプリを起動させると、部屋の照明が暗くなり、エアコンも睡眠設定に切り替わります。翌朝には照明が明るくなり、カーテンが自動で開き再びエアコンが通常運転になります。

すべての家電や電化製品を連動させているので、それぞれをコントロールしなくても常に快適な状態をキープできるのがIoTシステムのとても便利な使い方です。

ただデバイス本体の充電が切れてしまうと部屋の環境を変更することができなくなるので、就寝前の充電は忘れないことが大切です。

 

照明の設定が便利です

照明機器のコントロールはたくさんの選択肢があります。LEDライトの照明の色がさまざまに変えられるので、少し赤い照明にしたいとか、緑色の落ち着いた色合いにしたいなど、好みの色に設定できます。またテーマごとのカラーも設定されているので、それを選ぶことも可能です。

朝のさわやかな色、昼間の明るい色、夜のムーディな色など、迷いながら照明で楽しむことができます。

 

ホステルのラウンジでもIoTシステムを体感できます

出展:https://andhostel.jp/asakusanorth/

またホステルのラウンジにはデジタルキャンパスがあり、古今東西さまざまな絵画や写真が約2万点表示されます。手をかざしてスワイプすると絵が変わっていくのも楽しいです。

またラウンジのテーブルはサウンドテーブルになっています。テーブル本体にスピーカーが組み込まれているので、手持ちの音楽アプリと連動させて楽しむことができます。

スマートホステルでは、他にもさまざまなIoTシステムを試験的に使うことができるので、最先端の便利なシステムを滞在しながら体感することができます。

 

ホステルに宿泊する方の様子は?

出展:https://andhostel.jp/asakusanorth/

ホステルそのものは通常のドミトリー宿泊の方も多く、外国人の方や若い世代の方が多く滞在されています。朝食などキッチンで作って食べている方が多いです。一方、夜は外出されている方が多いのでホステル内は比較的落ち着いた雰囲気です。

イベントなど、夜の時間帯で宿泊者で食事を作って楽しむ日もあり、さまざまな方との交流もできます。

 

ホステルまでのアクセスは上野から電車で6分ほどの南千住駅から徒歩8分ほど。静かな住宅街の中にあり、近隣にはコンビニやスーパーなどもあります。繁華街まではやや距離がありますが、ホステルまでの道からはスカイツリーが大きく見える場所にあります。

ぜひ一度「アンドホステル浅草北」へIoTシステムを体感しにいらしてください。

 

  • Share SMIVE
  • Twitter
  • Facebook
  • Google+
  • bookmark
  • SNS

  • Twitter
  • Facebook