MENU

不動産投資に関する情報メディア

不動産投資

2017.11.22

不動産投資家がよく陥る過ちまとめ

不動産投資を運用している投資家が、ついやってしまう過ちや失敗はあとをたちません。ついうっかりという過ちから、投資運用をひとまかせにしてしまったり、不動産会社の営業マンの言い成りになってしまったり、と原因はさまざまです。

自分だけは大丈夫!と思い込まずに、失敗した例をよく読んでおきましょう。

ついうっかり、という過ちは誰にでもあります

うっかり忘れてしまった修繕費の計算ミス、リフォームに経費をかけ過ぎた、物件の管理費がかさみすぎ、などの過ちについてご紹介します。

ボロ物件投資家に「よくある過ち4撰」、一つでも当てはまったら危険!!

不動産投資家がついやりがちなあやまち4つを記事にしました。修繕費の計算忘れ、リフォームのやり過ぎ、物件の管理を自分で、というのはよくあるパターンです。

ボロ物件投資家に「よくある過ち4撰」、一つでも当てはまったら危険!!

https://www.rakumachi.jp/news/column/131624

不動産投資で失敗したことがある投資家は40.7% – どんな失敗?

不動産投資家に不動産投資の意識調査を行い、そのアンケート結果をまとめた記事です。それぞれに失敗や過ちを重ねてきている実情が浮き彫りになります。

不動産投資で失敗したことがある投資家は40.7% – どんな失敗?

http://news.mynavi.jp/news/2017/05/10/264/

ほんとうにあった!!不動産投資の失敗例

こちらも不動産投資家がついやってしまう失敗例として、資産価値の下落、リフォーム、ローン運用、があげられています。

ほんとうにあった!!不動産投資の失敗例

https://owners.life/airticles/index/id/36

こちらも合わせて読んでおきましょう。

【不動産投資における問題点】サブリースで失敗をしてしまう例

赤字体質の不動産投資とならないために注意しておくべき点

【不動産投資の落とし穴】サブリース会社の営業マンがゴリゴリに営業をする本質とは。

大きな過ちは不動産投資の命取りにもなります

運用している物件の資産価値の下落や、物件の選定間違い、不動産投資の勉強不足など、うっかりではすまない過ちについてご紹介します。

実録!絶対にしたくない不動産投資の7つの大きな失敗例

不動産投資家がやってしまう大きな失敗例が、資産価値の下落、ローンに運用、地方アパートの経営など、慎重に判断していてもおちいってしまう過ちがいくつかあるようです。

実録!絶対にしたくない不動産投資の7つの大きな失敗例

【警告!】不動産投資の失敗事例を聞いてわかったこと

不動産投資家がRCマンションや一棟アパートを購入して失敗する、という例についての記事です。投資用物件の選定は本当にむずかしい問題です。

【警告!】不動産投資の失敗事例を聞いてわかったこと

https://www.rakumachi.jp/news/practical/16105

不動産投資における失敗の本質はたったの3つしかないという事実。

不動産投資家がおちいる過ちは、すべて勉強不足が原因という記事です。運用を人まかせにして順調に行く、ということはありえません。

不動産投資における失敗の本質はたったの3つしかないという事実。

リスクを予測しきれなかった過ちについて

不動産投資でもっとも難しいのが、投資にまつわるリスクを避けることです。事前に回避できるリスクもあれば、不可避なリスクも存在します。その問題についてご紹介します。

なぜ個人投資家は不動産投資のリスクコントロールに失敗するのか?

不動産投資家がなぜ投資のリスクをコントロールすることができないのか?という記事です。リスクはある程度事前に予測可能ですが、なぜかそこで過ちをおかしてしまうことも事実です。

なぜ個人投資家は不動産投資のリスクコントロールに失敗するのか?

https://www.aqutics.jp/blog/interview_risk/

なぜ不動産投資で破綻したのか!?

不動産投資家がもっとも怖いのは、せっかくの投資運用が破綻してしまうことでしょう。どうして破綻まで行ってしまったのか、その問題についてを言及する記事です。

なぜ不動産投資で破綻したのか!?

http://reibee.japan-am-service.com/なぜ不動産投資で破綻したのか!?/

ご注意ください!不動産投資に失敗する素人投資家が急増しています。

不動産投資家が、物件の利回りのみに注目して物件を購入するケースが非常に増えています。さまざまなリスクを検討せずに購入するのは非常に危険です。過ちというにはあまりにも大きい代償を背負うことになります。

ご注意ください!不動産投資に失敗する素人投資家が急増しています。

http://www.fudosantoushi.jp/arrivals/view/000022

さらにオススメの記事です。

【不動産賃貸物件の成功は管理会社にあり】優秀な管理会社の正しい選び方

なんとなくが一番危ない!表面利回りを目安に不動産投資していないですか?

頭金ゼロは危ない!マンションを購入する際に気をつけるべきこと

なぜ不動産投資用マンションを購入した後に、後悔してしまうのか?体験談からそのポイントを書いてみる。

不動産投資の運用をひとまかせにしてしまった過ちについて

不動産会社の営業マンに勧められるままに購入、というケースがもっとも多くある過ちです。しっかりと自分で考えて判断をしていくことが、過ちをおかさない方法でもあります。

マンション経営で失敗して破たんした2人の人の事例

不動産投資家に多いケースで、不動産会社に勧められるままに物件を購入してしまい、投資運用が成り立たなくなるという実例を記事にしました。しっかりとリスクについて自分で判断するのも大切な要素です。

マンション経営で失敗して破たんした2人の人の事例

不動産投資の落とし穴

こちらも不動産投資家に多いケースですが、不動産会社の営業マンに勧められた物件をそのまま購入し、入居者が入らないケースや、立地条件が悪かったというケースです。自分でしっかり情報収集をすることが必要です。

不動産投資の落とし穴

http://www.fudosantoushi.jp/pages/beginner/shippai/

「不動産投資に失敗する人」の甘すぎる考え

不動産投資家には、セミナーや勉強会で感化されて投資を始めた結果、過ちをおかすというケースも多くあります。また投資用ローンが赤字の場合、住宅用ローンも組めなくなり人生設計が狂ってしまうというケースもあります。

「不動産投資に失敗する人」の甘すぎる考え

http://toyokeizai.net/articles/-/134990

まとめ

いかがだったでしょうか。不動産投資家がおかしやすい過ちと言っても、さまざまなケースがあり、少し注意をすれば防げるものから、自分ではどうにもならないケースまで、いろいろなパターンがありました。数多くのケースを事前にシュミレーションしておくことで、過ちをおかさずにすむようにしていきましょう。

  • Share SMIVE
  • Twitter
  • Facebook
  • Google+
  • bookmark
  • SNS

  • Twitter
  • Facebook