MENU

不動産投資に関する情報メディア

面白い不動産

2017.8.28

ウィークリーマンションをリノベ。ポップな滞在型ホテル[アパートメントホテル新宿]

新宿駅南口から徒歩5分、新宿御苑に近い場所に「アパートメントホテル新宿」があります。ここは古いウィークリーマンションを、キッチン付きホテルへとリノベーションした物件です。

 

新しいリノベーションホテルが新宿にあります

 

tbnymdさん(@tbnymd)がシェアした投稿

 

建物は1970年代に建てられたもので、赤い屋根瓦が入口についたかわいらしいデザインです。当初はウィークリーマンションとして使われていましたが、2010年より改修を始め、当時のデザインを活かしながら、客室一つずつに個性ある内装とインテリアを施し生まれ変わりました。

 

ホテルだけではありません

出典:http://ap-shinjuku.com/hotel/

建物は変形の3階建になっており、少し入り組んだ作りになっている建物は見る角度によってさまざまな変化を見せます。入口から入るとフロント、ラウンジ、そして展示や物品販売などができるショップスペースになっています。奥の階段を上ると客室フロアにつながっています。

 

1階と地下1階にあるショップフロアがあります。アンティークのインテリア用品や雑貨、家具などの販売を行っています。アンティークの商品はショップ専属の工場で修繕や加工を行い、元の商品の美しさを取り戻してお店に並べています。

 

ショップで販売するインテリアなどの雑貨は、ホテル客室内でも使用されており、ホテルのキャラクターを表現する重要なアイテムともなっています。

 

また国内で活躍するクリエーターやアーティストの作品を集めて展示販売を開いたり、ライブイベントなども行っています。

 

客室は個性にあふれています

出典:http://ap-shinjuku.com/room/306/

客室は全部で25部屋ご用意しました。備え付けのキッチンとユニットバスがついています。ホテルというより小さなアパートの一室を借りて滞在するイメージです。

 

部屋の中は各部屋ごとにテーマを決めて、内装やインテリアにもこだわりました。

 

客室タイプはシングルルーム、シングルデザイナーズルーム、スモールダブルルーム、ツインルームに分かれています。

 

シングルルームは赤、青、緑、白の各カラーをテーマにしました。色のイメージに合わせたインテリアを配置して、シングルベッド、テーブル、照明ランプ、飾り棚、鏡などを置いています。

 

シングルデザイナーズルームは、このホテルのシンボルともいえるお部屋にしました。

出典:http://ap-shinjuku.com/?galleries=102-abilletage

abilletage(アビエタージュ・着飾るという意味)は、ロマンティックをテーマにしたお部屋で、花柄の壁紙やベッドカバー、メイクアップコーナーや素敵な飾り棚など、インテリアにも力を入れました。女性が好みそうなお部屋です。

出典:http://ap-shinjuku.com/room/103-103-antiques/

antiques(アンティーク)のお部屋は、ホテルでも力を入れているショップから厳選されたインテリ雨と家具を配置しました。簡素な白のリネンに囲まれたインテリアに、アンティークの大きな棚や照明器具、テーブルと椅子も準備しました。

出典:http://ap-shinjuku.com/room/108-django/

django(ジャンゴ)はミュージシャンのジャンゴ・ラインハルトの音楽をイメージして作られたお部屋です。透明な白を基調に、配線を目立つように配置した照明器具、アルミ素材のハンガー、木製のライティングデスクなど、シンプルなインテリアに包まれた落ち着いたお部屋です。

 

またデザイナーズルームには宿泊者へのギフトが準備されていて、それぞれの部屋のイメージに合わせたグッズをご用意しています。

 

ポップなインテリアの部屋はホテルの顔です

出典:http://ap-shinjuku.com/room/216/

スモールダブルルームはホテル内でもっとも客室数を多くご用意しました。カラフルな色使いでそれぞれに個性を際立たせたお部屋は、どの部屋に泊まるか迷うくらいです。

 

ベッドはセミダブルサイズを設置し、デスクと椅子、照明スタンドを各部屋に準備しました。

 

たくさんあるお部屋から、いくつかの部屋の様子をご紹介します。

出典:http://ap-shinjuku.com/room/210/

象の置き物が置かれたお部屋は、草原とサバンナをイメージした深緑と白を基調とし、壁には象をモチーフにしたアルミ素材のタペストリーが飾られています。

出典:http://ap-shinjuku.com/room/303/

深い海の底をイメージしたお部屋には、壁を一面濃い蒼色にし、深海に眠る壺や海底をモチーフにしたオブジェを置きました。青色に包まれた白いベッドではぐっすり眠ることができそうです。

出典:http://ap-shinjuku.com/room/301/

黄色い壁が特徴のお部屋は、フランスやスペインの小部屋のようで、アンティークの小さなテーブルやワゴン、またスタンドライトを置き、壁に掛けた大きなキャンバスには抽象画が描かれています。

 

さまざまなお部屋はその人の趣味や気分に合わせて選ぶことができ、何度訪れても新しい発見がある楽しい滞在になりそうです。

出典:http://ap-shinjuku.com/room/213/

一部屋だけあるツインルームは、シングルベッドを2台配置しグレーと白を基調にした部屋です。石とアルミ素材で作られたテーブルや、カメラの三脚を利用したアンティークの照明スタンド、古材を使って作ったオリジナルの照明など、アーティストの心意気があふれる素敵なインテリアになっています。

 

アメニティーや設備も充実

出典:http://ap-shinjuku.com/rooms/

各部屋のアメニティーには、シャンプー、コンディショナー、ボディソープ、ハンドウォッシュ、バスタオル、フェイスタオル、ボディスポンジ、洗顔セット、歯ブラシ、ガウンなど、一通りのものをご用意しました。

 

またキッチンには、IHコンロ、電気ポット、食器、カトラリー、台所用品が各種揃えてあります。長期滞在も可能な備品もあり、まさに暮らすように滞在できるアパートメントホテルです。

 

新宿南口から徒歩5分あまりの場所は、都内のどこへでもいける便利な場所にあります。また新宿のシンボルでもある都庁や歌舞伎町までは歩いて10分ほどです。

 

ぜひ一度「アパートメントホテル新宿」に訪れてもみませんか?

 

  • Share SMIVE
  • Twitter
  • Facebook
  • Google+
  • bookmark
  • SNS

  • Twitter
  • Facebook