MENU

不動産投資に関する情報メディア

面白い不動産

2017.8.6

京都の今を表現するアート&カルチャーが集まるおしゃれなホテル

ホテルアンテルーム京都は、京都駅の南側に位置する、学生寮をリノベートして誕生したホテル兼アパートメントです。

館内には、ギャラリーや朝食レストラン、バーが併設されています。この場所ではさまざまな活動が行われており、京都の芸術や文化を幅広く発信しています。

 

エントランスからつながっているギャラリー9.5は、九条と十条の間にホテルがあることから名づけられた、非常に自由度の高い空間となっています。

 

いろんなイベントが開催される

https://hotel-anteroom.com/

ギャラリーには、京都を拠点に活動するクリエーターを紹介する企画展をはじめ、彫刻家名和晃平氏がディレクションを務めるSANDWICHとの共同プロジェクトも行われています。

現在は、アーティストの清川あさみさんをゲストに迎え、7月から8月の1か月にわたり、トークイベント&レセプションパーティーが開催されています。

 

今年の6月には、「70年代を写した男」として異名をとったデヴィッド・ボウイのジギー・スターダスト時代に特化した写真展を行い、各界から反響を呼びました。

 

また、今年の4月28日には開業6周年を迎え、さまざまな形で芸術・文化の輪を広げています。

 

パブリックスペースはいろんな用途に利用される

https://hotel-anteroom.com/

自由度の高いパブリックスペースでは、旅の余韻に浸りながら、心地良い音楽を楽しむことが出来るAnte Groundと呼ばれる音楽イベントを開催しており、定期的に行われています。

 

また、芸術やデザインに関連したトークイベントやワークショップなども開催しており、さまざまな形で楽しむことが出来ます。7月には、東京からシンガーソングライターを招き、バーでギターの弾き語りの音楽のイベントが行われました。当日は、限定フードとして、Nokishita(bita)というブースも開かれました。

https://hotel-anteroom.com/

また、同じ月には、えほんごラボというトークイベントも行われ、他では聞くことの出来ない内容となっており、えほんごラボという聞きなれない言葉にも惹きつけられます。このようにさまざまな形で宿泊客を楽しませてくれるイベントが行われています。

 

おしゃれなホテルの空間で朝食はいかが? 

https://hotel-anteroom.com/

ホテルアンテルーム京都にある、朝食レストランのANTEROOM MEALSは、おしゃれで開放感のある空間となっており、日替わりでピタパンサンドやスムージーを楽しむことができるほか、環境負荷の少ない野菜を扱っている野菜提携企業の「坂ノ途中」から送られてくる旬の野菜をふんだんに使用した、とても新鮮でボリューム満点の朝食を味わうことが出来ます。特に女性にとってとても嬉しいメニュー満載です。

 

さらに季節限定のジャムなど、その時期にしか味わうことの出来ないメニューなども取り揃えています。6月には季節のジャムとして、他ではなかなか見られない青梅のジャムを

振る舞いました。

https://hotel-anteroom.com/

https://hotel-anteroom.com/

ANTEROOM BARでは、ラウンジでのんびりと旅の余韻を味わいながら、さまざまな芸術作品に囲まれた環境の中で、京都にいる特別なひとときを過ごすことが出来ます。

 

30種類以上ものウイスキーを取り揃えており、さらに季節のおすすめ商品や、簡単なおつまみを提供しているため、お酒と料理を楽しみながらゆっくり出来ます。その月によって、さまざまなおすすめの商品を提供しています。

 

例えば、7月には独特のスモーキーな香りを持ったラフロイグ生生姜と数種類のスパイスをブレンドしたスパイスジンジャーハイボール、カクテルはスイカの果汁とグラスの周りに散りばめた塩の組み合わせがマッチした、ウォッカベースのスイカのソルティドッグを提供しています。

 

ホテルの部屋にはおしゃれでオリジナル家具を完備

https://hotel-anteroom.com/

宿泊部屋は、細部までこだわったおしゃれなオリジナルの家具や、シンプルで飽きのこないデザインの北館の61室に加え、清水焼の照明や小上がりのベッドステージ、日本の美がモダンに表現された南館の67室となっています。

https://hotel-anteroom.com/

また、「365日アートフェア」というテーマをもとに、約80組のアーティストが手掛けた購入可能なアート作品が客室や共有部に展示されており、常にフレッシュな状態で作品が入れ替わっています。宿泊者のその時の気分に合わせて、自分の好みの客室を選ぶことが出来ます。

https://hotel-anteroom.com/

ホテルアンテルーム京都のコンセプトルームと呼ばれる客室では、日本の最先端を走っている8組のアーティストが手掛けた、非常に芸術性の高い空間を提供しています。

 

名和晃平は、「重力」をテーマとして構成、部屋全体をグレーで統一し、素材感を引き立てる空間を作り上げています。また世界的に有名な蜷川実花もこのコンセプトルームの一室を担っており、客室全体をギャラリー空間に見立て、壁面全体に桜の写真作品が施されています。昼と夜に撮影された表情の違う桜は、時間や季節の移ろいを感じさせてくれる空間となっています。

https://hotel-anteroom.com/

この他に、矢津吉隆、金氏徹平、ヤベノケンジ、井上雅弘・BAKIBAKI、宇加治志帆、宮永愛子とこの分野で大変著名なアーティストが名を連ねています。

https://hotel-anteroom.com/

このように多数の有名なアーティストが手掛けた客室を取扱い、珍しいイベントや、これほど新しい視点で芸術に特化した施設は他にないので、芸術やアートに興味がある人はもちろん、今まであまり芸術やアートにふれてこなかった人も楽しむことができる空間となっています。

 

  • Share SMIVE
  • Twitter
  • Facebook
  • Google+
  • bookmark
  • SNS

  • Twitter
  • Facebook